作品ご紹介

秋富浩藏

秋富浩藏『生の一刻』

『生の一刻』油彩画F3号

伊藤 宏

伊藤宏『はな一代記』

『はな一代記』 油彩画F4号

岡林まち子

岡林まち子『果ての果てへ』

『紫輝』油彩画 F4号

河合規仁

河合規仁『帰り道』

『帰り道』F0号

倉岡 雅

倉岡雅『キャミの女』

『キャミの女』

須藤美保

須藤美保『山吹』

『山吹』 F10号

長谷祥子

長谷祥子『ライオンの谷』

『ライオンの谷』F6号

増田典彦

増田典彦『冬の猫』

『moment』F3号

山根須磨子

山根須磨子『光彩を集めて』

『光彩の溢るる中で』F4号

渡辺昌哉

渡辺昌哉『夜の使者』

『夜の使者』F3号 アクリル画

展覧会のご案内

栴檀は双葉より芳し』の気概を持つ10作家の小品展

第15回栴檀会展

 栴檀(せんだん)会とは、独立美術協会が主催する「独立展」に出品する作家や、独立美術協会にゆかりのある作家たちによって結成されているグループです。本展は、その第15回となる展覧会です。『栴檀は双葉より芳(かんば)し』の気概を持つ10作家の仕事ぶりを、何卒是非ご高覧ください。

 なお、同時期に第84回独立展が愛知県美術館ギャラリーにて開催されます。是非両会場にお出でいただければ幸いです。(※独立展は1/9まで。)

 蛇足ながら…栴檀とは、夏の初めに薄紫の花を咲かせる常緑高木のことで、その材には香気があり、皮・実は薬にも用いられます。 また、諺にある『栴檀は双葉より芳(かんば)し』とは、「大きくなってから立派になる人は、小さい時から優れた所が有るものだ」という意味です。

〔図版=第15回栴檀会展 DM案内状ハガキより〕


開催概要

展覧会名
第15回 栴檀会展 -独立美術協会ゆかりの作家たち-
会期
2017年1月4日(水)~1月10日(火) ※会期中無休・独立展は9日(月)まで
開廊時間
午前11時~午後6時
入場観覧料
無料
出品作家
秋富浩藏/伊藤宏/岡林まち子/河合規仁/倉岡雅/須藤美保/長谷祥子/増田典彦/山根須磨子/渡辺昌哉 (以上10名・50音順・敬称略)
展示内容
油彩画、テンペラ画、アクリル画、パステル画、木炭画など約30点。
販売
展示作品は一部を除き販売します。
作家来場日
調整中

作家略歴

秋富浩藏(Kozo Akitomi)

秋富浩藏『生の一刻』

岡山県出身/京都学芸大学特修美術科西洋画科卒業/独立展・中日展・日仏現代美術展・天理ビエンナーレ展・上野の森美術館大賞展等に出展/2011年第3回独立名古屋グループ展/2014年第82回独立展(賞候補)/2015年独立展(賞候補)/2016年独立展(賞候補)/2017年1月現在:独立美術協会準会員

〔図版=『生の一刻』 秋富浩藏 F3号〕


伊藤 宏 (Hiroshi Itoh)

伊藤宏『はな一代記』

1940年三重県津市生まれ/1963年三重大学卒業/1974年独立展出品(以後毎年)/1989年伊藤宏個展(四日市文化会館)/1995年伊藤宏個展(四日市文化会館)/1997年独立展(賞候補)/1998年中部独立展(坂角奨励賞)/大王大賞展(奨励賞) /1999年伊藤宏個展(三重画廊/津)(櫟画廊/東京)/2002年アートフォーラム三重2002展で展内個展(三重県総合文化会館/津)/2003年独立展(中山賞)/第1回栴檀会(以後毎年)/2005年独立展(新人賞)/2006年独立展(賞候補)/2007年伊藤宏個展(ギャラリー名芳洞)/2008年独立展(佳作賞)/2009年独立展(佳作賞)/2013年独立展(賞候補)/2014年伊藤宏個展(ギャラリー慧/四日市)/第82回独立展(賞候補)/2015年独立展(賞候補)/2016年独立展(賞候補)/2017年1月現在:独立美術協会準会員

〔図版=『はな一代記』 伊藤 宏 F4号〕


岡林まち子(Machiko Okabayashi)

岡林まち子『果ての果てへ』

1959年生まれ/1979年武蔵野美術短期大学美術科油絵専攻卒業/1986年独立展(入選/以後毎年)/2007年中部独立展(中部独立賞)/2009年独立春季新人選抜展/第77回独立展(新人賞)/2011年栴檀会展(以後毎年)/2012年第80回独立展(佳作賞)/2013年独立展(奨励賞)/2014年第82回独立展(賞候補)/2015年独立展(奨励賞)/2016年独立展(賞候補)/2017年1月現在:独立美術協会準会員/中部独立美術協会会員/三重県洋画協会会員/岡林まち子絵画教室主宰

〔図版=『紫輝』岡林まち子 F4号〕


河合規仁 (Norihito Kawai)

河合規仁『帰り道』

1968年愛知県豊橋市生まれ/1994年東京藝術大学大学院油画修了/1995年豊橋市民展大賞/2000年『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)出演/2001年Asian Art Now 2001(優秀賞)(アメリカネバダ州ラスベガス市立美術館)/リキテックスビエンナーレ(奨励賞)/2003年河合規仁展『普照天』(ギャラリータマミジアム)/2005年河合規仁展「開花宣言」(ギャラリータマミジアム)/2006年八戸市美術展(協会賞受賞/八戸市美術館)/2007年独立展(芝田米三賞)/2008年独立展(佳作賞)/2009年河合規仁展「月想」/2009年独立展(佳作賞)/2013年独立展(佳作賞)/河合規仁展「夕暮れ帰り道」/2014年独立展(奨励賞)/2015年独立展(奨励賞)/2016年独立展(損保ジャパン日本興亜美術財団賞)/河合規仁展「やっしょうまかしょう」/2017年1月現在:独立美術協会準会員/臨床美術協会会員/東北文教大学准教授

〔図版=『帰り道』 河合規仁 F0号〕


倉岡 雅 (Masashi Kuraoka)

倉岡雅『キャミの女』

1952年三重県津市生まれ/1974年独立展出品(以後毎年)/1975年三重大学教育学部美術科卒業/1998年独立展(新人賞)/1999年独立展(賞候補・以降5回)/Asian Art Now 2001(ラスベガス市立美術館/USA)/2002年Asian Art Now 2002(ラスベガス市立美術館/USA)/2005年独立展(佳作賞)/2006年独立展(佳作賞)/2009年独立展(佳作賞)/2011年独立展(佳作賞)/2012年独立展(芝田米三賞)/2013年独立展(独立賞)/2014年第82回独立展(会員推挙)/他・個展多数開催/2017年1月現在:独立美術協会会員/アートフォーラム三重会員/三重洋画協会会員

〔図版=『キャミの女』倉岡 雅 混合技法〕


須藤美保 (Miho Sudoh)

須藤美保『遥』

1980年独立展(以後毎年)/1982年女流画家協会展(以後毎年)/1983年日本画廊協会展(佳作賞)/1987年岐阜県美術展(優秀賞)/1988年岐阜県美術展(秀作賞)/1992年林武賞展(入選)/1997年独立展(野口賞)/1998年文化庁現代美術選抜展/独立展(奨励賞)/1999年独立展(野口賞)/2000年Asian Art Now 2000(ラスベガス美術館賞)/独立展(奨励賞)/2001年前田寛治大賞展出品/独立展(奨励賞)/2002年独立展(奨励賞)/2003年Asian Art Now 2003(ラスベガス美術館賞)/独立展(奨励賞)/第1回栴檀会(ギャラリータマミジアム)(以後毎年)/2004年独立展(奨励賞)/2005年独立展(小島賞)/2006年独立展(奨励賞)/須藤美保展「ボタニカルアート」-水彩で描く四季の花(ギャラリータマミジアム)/2007年須藤美保個展「須藤美保油絵展」(岐阜タカシマヤ8階美術画廊)/2008年独立展(佳作賞)/2010年独立展(独立賞)/2011年独立美術協会会員となる/2014年須藤美保個展(日本橋三越美術ギャラリー)/2015年須藤美保個展(岐阜高島屋美術画廊)/2017年1月現在:独立美術協会会員/女流画家協会会員/日本美術家連盟会員

〔図版=『山吹』須藤美保 F10号〕


長谷祥子 (Shoko Nagatani)

長谷祥子『ライオンの谷』

2016年独立展(入選12回)

〔図版=『ライオンの谷』長谷祥子 F6号〕


増田典彦(Norihiko Masuda)

増田典彦『冬の猫』1997年独立美術協会展初出品入選(以降連続入選)/2001年中部独立展坂角賞受賞/2002年第3回大王大賞展金賞受賞/2006年第5回大王大賞展金賞受賞/2012~2014年独立展賞候補/2011~2015年独立春季選抜展/第13回栴檀会展(ギャラリータマミジアム・以後出品を重ねる)/2015年独立展(賞候補)/2016年絵描きの町・大王「第10回絵画展 大王大賞展」(大王大賞/志摩市)/独立展(新人賞)/2017年1月現在:独立美術協会会友

〔図版=『moment』増田典彦 F3号〕


山根須磨子(Sumako Yamane)

山根須磨子『光彩の溢るる中で』

1947年京都生まれ/1970年京都市立芸術大学西洋画科卒業/1974年独立展初入選(以後毎回出品…独立展京都新聞社長賞/第80回独立展芝田米三賞/第81回独立展独立賞/第82回独立展会員推挙)/2017年1月現在:独立美術協会会員/滋賀県美術協会会員

〔図版=『光彩の溢るる中で』 山根須磨子 F4号〕


渡辺昌哉 (Masaya Watanabe)

渡辺昌哉『夜の使者』SM号

1972年岐阜県生まれ/1998年第8回ART BOX大賞展(賞候補)/1999年第9回ART BOX大賞展(入選)/自由美術展(入選)/2000年第68回独立展(入選)(以後毎年出品)/2003年第1回栴檀会(以後毎年出品)/中部独立展(坂角賞)/2004年精鋭展招待出品(千葉県立美術館)/2006年渡辺昌哉展「刻幻の光景」(ギャラリータマミジアム)/2007年渡辺昌哉展「刻幻の光景」(eオリエンタルバンケット)〔eオリエンタルバンケット+ギャラリータマミジアム共同企画〕/2008年第19回富嶽ビエンナーレ展(佳作賞)/2009年第4回世界文化遺産白川郷芸術祭出品/渡辺昌哉展『幻視の日常風景』/2010年渡辺昌哉展「刻の光」(gallery UST 1)/2012年渡辺昌哉展「春爛漫」(ギャラリータマミジアム)/2015年個展(青木画廊LUFT)/2017年1月現在:日本美術家連盟会員

〔図版=『夜の使者』 渡辺昌哉〕


たまたま このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。