展覧会のご案内

心癒されるアニマル・アートの世界

アニマル・アート展2016

 凛々しくも可愛くて愉快、そしてちょっぴり「ほのぼの」とさせてくれるアニマル・アート。いつでも一緒にいたい動物たちが、アート作品の中に登場します。

 今展では、動物をモチーフとし、動物たちとの共生をテーマにした11名の作家による絵画、版画、織り、羊毛フェルト、陶、オブジェによるアニマル・アート作品約100点を一堂に展示します。是非ご高覧ください。


開催概要

展覧会名
アニマル・アート展2016
会期
2016年3月5日(土)~3月12日(土)※3月9日(水)休廊
開廊時間
午前11時~午後6時
会場
ギャラリータマミジアム ご来場案内
入場観覧料
無料
作品販売
販売するものとしないものがございます。
出品作家
荻原弘子、尾﨑ユタカ、キムラトモミ、小浦 昇小室幸雄酒井政保佐治直魅高橋未歩、東マユミ、むらタヒロコ、吉田正樹(計11名・50音順・敬称略)
作家来場日
未定
展示内容
絵画、版画、織り、羊毛フェルト、陶作品など約100点

作家紹介

荻原弘子(おぎはら ひろこ)

荻原弘子『ユニコーン』1990年生まれ・山梨県出身/2012年1月『HIROKO個展』(Hidari Zingaro/中野)/2月 ハンズ・ギャラリーマーケット作品販売開始(~2014年) /3月 武蔵野美術大学油絵学科版画専攻卒業/12月 morin工房「羊毛動物の世界」展(東急ハンズ渋谷店)/2013年6月 ビックコミック スピリッツ29号掲載(小学館) 吉田戦車(著)『おかゆネコ』等身大フェルト作品制作/8月 ハンドクラフト市出展(東急ハンズ渋谷店)/C/STORE@ヒカリエ作品販売(渋谷ヒカリエ)/2014年3月 morin工房個展『馬のものがたり展』(中目黒hygge )/4月 『春の馬うま展』morin工房特集展(東急ハンズ渋谷店)/11月 デザインフェスタvol.40 ブース出展(東京ビッグサイト)/2015年7月 八ヶ岳に制作拠点を移す/12月 第三回ムサビ展(新人賞受賞/山梨県立図書館)/Bunkamura Winter Craft Collection 2015 出展 (渋谷Bunkamura)

作家ウェブサイト ⇒ morin工房

〔図版=『ユニコーン』荻原弘子 羊毛フェルト作品 ※第三回ムサビ展新人賞受賞作品〕


尾崎ユタカ(おざき ゆたか)

尾崎ユタカ作品1956年山梨県生まれ/1980年東京藝術大学美術学部絵画科油画銅版画研究室卒業/1993年第2回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ展(丸井今井/札幌)/第61回日本版画協会展(東京都美術館/1994年)/第70回春陽展(東京都美術館)/1994年第2回ぶどうの国の国際版画ビエンナーレ展招待作家部門(山梨県立美術館/1997年招待出品)/第4回ART BOX大賞展(麻布美術工芸館)/第39回CWAJ現代版画展(東京アメリカンクラブ/1996年以後毎年出品)/1995年この頃から日常的な世界の断片を小さな画面に繊細で力強い彫りで表現し、独特の世界を展開する/第9回ウッジ国際小版画展(ポーランド)/1996年第7回山梨県新進作家選抜展(山梨県立美術館)/第9回上野の森美術館・日本の自然を描く展(文部大臣賞受賞/上野の森美術館)/銅版画集『On the Earth』(ガレリア・グラフィカ)刊行/1997年第3回英国国際ミニアチュール版画展(~1998年イギリス巡回/2000年招待出品)/1998年第1回あおもり版画大賞展(青森)/銅版画集『星』(ガレリア・グラフィカ)刊行/1999年第33回山梨版画協会展(甲府・以降毎年出品)/第1回山本鼎版画大賞展(上田)/2000年現代美術の手法(5)大きい版画と小さな版画(練馬区立美術館)/2002年モントリオール国際ミニアチュール版画展(最高賞受賞/カナダ)/「線の迷宮(ラビリンス)」-細密版画の魅力-展(目黒区美術館)/2003年尾﨑ユタカ展「ラブラドールの休日」(ギャラリータマミジアム)/2005年尾﨑ユタカ個展「尾﨑ユタカ新作銅版画展」(ガレリアグラフィカ)/2006年尾﨑ユタカ個展「Mio Figlio」(ギャラリータマミジアム)/2014年アニマル・アート展/2015年尾﨑ユタカ個展「羽衣」(ギャラリータマミジアム)

〔図版=『ラブラドールの休日』 尾﨑ユタカ 銅版画 114×54mm〕


キムラトモミ

キムラトモミ作品『きらめき』 広島出身・京都在住/銅版画、水彩画、イラストレーション等を制作/2011年第27回日産童話と絵本のグランプリ(佳作)/2012年アーティストが贈る豊かな暮らし展(立川伊勢丹/東京)/銅版画展「冬をむかえるその前に」(東京国際フォーラム)/2013年ハッピーマルシェ!(銀座三越/東京)/カダゲス国際ミニプリント展(スペイン)/次世代を担うアーティスト展(近鉄上本町6F美術画廊/大阪)/2014年第30回日産童話と絵本のグランプリ(佳作)/坂崎千春のイラストコンテスト(優秀賞/公募ガイド6月号表紙イラスト)/カダゲス国際ミニプリント展 (スペイン)/個展(com.cafe音倉/東京)/個展「とぼけたふりでおおまじめ展」(little footmark REN/京都)/二人展(近鉄橿原百貨店 美術サロン/奈良)/個展「暮らしの中の解放区展」(Gallery幹/京都)/個展「目の前にあること、目の前にないこと展」(Galerie見る倉庫/大阪)/2015年Cat & Dog Special Version?(渋谷ヒカリエ/東京)/南島原市セミナリヨ現代版画展(入選/長崎)/WALLZ壁紙デザインアワード(入賞)/個展「とぼけたふりでおおまじめ展2」(little footmark REN/京都)/京展(入選)/カダゲス国際ミニプリント展 (スペイン)/個展「キムラトモミの版画世界」(ギャラリー翔/京都)

作家ウェブサイト ⇒ 銅版画作家キムラトモミのセカイ チハトマヤ


小浦 昇(こうら のぼる)

小浦昇銅版画展「青い月の物語2015~月猫」

1949年埼玉県川口市生まれ/1974年ジャパンアートフェスティバル出品/1975年多摩美術大学大学院修了/1979年この頃より黒インクのみで制作する版画から黒インクを使わないで制作する版画へとそのスタイルを変化させる/1980年日動版画グランプリ展グランプリ受賞/1988年ニューヨーク アートエクスポ出品/1989年国際「花と緑の博覧会」ポスター制作/1998年小浦昇作品集『青い月の物語』出版(ダイヤモンド社)/2002年小浦昇銅版画展「青い月の物語-BLUE MOON」(ギャラリータマミジアム)/2003年小浦昇作品集『赤い月の物語』出版(ダイヤモンド社)/小浦昇銅版画展「テンペラ画と銅版画」(ギャラリータマミジアム)/2004年小浦昇銅版画展「赤い月の物語-RED MOON」(ギャラリータマミジアム)/2006年小浦昇銅版画展「SILVER MOON」/2007年小浦昇銅版画展「FRIENDS」/2008年小浦昇銅版画展「カルメル博士の旅」/2009年小浦昇銅版画展「秘蔵コレクションと新作銅版画」/2010年小浦昇銅版画展「青い月の物語2010」/2011年小浦昇銅版画展「青い月の物語2011」/2012年第89回春陽展岡鹿之助賞受賞/小浦昇銅版画展「青い月の物語2012」/2013年小浦昇銅版画展「青い月の物語2013」/2014年小浦昇銅版画展「青い月の物語2014」アニマル・アート展/2015年小浦昇銅版画展「青い月の物語~月猫」/2016年現在:春陽会版画部会員

※作品はポスター、本の装丁、CDジャケット、カレンダーなどにも採用され、個展やグループ展活動も定期的に開催

〔図版=『剣山 SPIKED HOLDER』 小浦 昇 銅版画〕


小室幸雄(こむろ ゆきお)

小室幸雄作品2000年より全国各地で猫の展覧会・個展を開催/水彩連盟会員/愛陶工陶芸部会組合員/日本招猫倶楽部会員

2013年『ほっこり猫』小室幸雄展/2014年『ほっこり猫』小室幸雄展アニマル・アート展/2015年『ほっこり猫』小室幸雄展

…略歴、その他の詳細につきましては、小室幸雄先生が主宰する「工房KOM」のウェブサイトをご覧ください。


酒井政保(さかい まさやす)

酒井政保作品

1938年名古屋市に生まれる/1989年版画の宿「西山荘」(高山市)の「木版画年賀状作品展」入選(以降3年連続)/1990年NHK通信講座を受講するなど本格的に木版画制作を開始/1994年郵政省主催「全日本年賀状コンクール」優秀賞(翌1995年も受賞)/1998年名古屋・栄での第1回「もくはん倶楽部展」に出品(以降第7回まで連続出品・現在まで出品を重ねる)/1999年年賀状コンクール(主催:アートウェーブ)佳作賞(以降3年連続受賞)/生涯学習センター(名古屋市中村区)木版画講座の講師を担当/その後自主講座となった「木版画同好会」の講師を受諾/木版ハガキ絵展(名鉄メルサ)出品/河田木版画教室(名古屋市中村区)開講・講師を担当/2000年個展(三重県四日市市)/アトリエ「木歓舎」設立/木版写実協会主宰/2001年個展(名古屋市中区栄)/第15回木版画年賀状展(主催:高山グリーンホテル)入選/2002年全国日本年賀状版画コンクール(主催:郵政事業庁)入選/個展(名古屋市守山区)/第1回教室発表会「あかまんまくらぶ展」出品(以降第4回まで連続出品)/2003年全日本年賀状版画コンクール(主催:郵政事業庁)郵政事業庁長官賞/第17回木版画年賀状展(主催:高山グリーンホテル)入選/個展(名古屋市熱田区及び守山区)/笠松木版画クラブの講師を担当/2004年第1回全国日本年賀状大賞コンクール(主催:郵政公社)入選/年賀状コンクール(主催:アートウェーブ)佳作賞/2005年第2回全国日本年賀状大賞コンクール(主催:郵政公社)東海支社長賞/版画年賀状公募展(主催:福光美術館)奨励賞及び佳作賞/徳川園「絵はがき」木版画部門原画制作/酒井政保木版画集『MEMORY』出版(発行:ほうのき工房)/2006年はがき絵大賞展(主催:『サライ』)佳作賞(3年連続受賞)/木口木版画制作開始/2008年年賀状コンクール(主催:アートウェーブ)一般の部優秀賞/2009年第7回版画年賀状公募展(主催:福光美術館)優秀賞/酒井政保木口木版画展「精緻の世界に魅せられて」/2011年日本郵便主催「全日本年賀状版画大賞コンクール」大賞/2012年「版画年賀状公募展」(主催:福光美術館)大賞/2014年小さな小さな木版画展~六人の木版画家たち/2014年アニマル・アート展/2016年年賀状コンテスト(主催:アートウェーブ)大賞/2016年酒井政保木口木版画展「精緻の世界」/他、個展・グループ展多数。

〔図版=2003年全国日本年賀状版画コンクール・郵政事業庁長官賞受賞作品:酒井政保〕


佐治直魅(さじ なおみ)

佐治直魅作品

愛知県名古屋市生まれ/1991年りゅう画廊期待の新人作家大賞展(買上賞)/多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業/1993年日本版画協会展(奨励賞)/1994年多摩美術大学大学院修了/日本版画協会展(新人賞)/プリンツ21グランプリ展(特選)/初個展(GALLERYスペース21/東京・新橋)/1996年中部国展(奨励賞)/個展(ART BOX/名古屋)/個展(Gallery Hiro & Y/東京)/1998年個展(Gallery Hiro & Y/東京)/1999年個展(ギャラリー神宮苑/東京)/2000年第1回武井武雄記念日本童画大賞展/個展(ギャラリー銀舎/東京)/2001年あおもり版画トリエンナーレ/個展(楓画廊/新潟)/個展(平安画廊/京都)/個展(ギャラリーアルファ/名古屋)/2002年山本鼎版画大賞展/個展(ギャラリー銀舎/東京)/2003年個展(ギャラリーアルファ/名古屋)/個展(平安画廊/京都)/2004年飛騨高山木版画ビエンナーレ/個展(ギャラリー銀舎/東京)/2005年個展(ギャラリーアルファ/名古屋)/個展(平安画廊/京都) /2006年個展(ギャラリー世界観/東京)/2007年個展(ギャラリーアルファ/名古屋)/2008年個展(世界観ギャラリー/東京)/2009年個展(ギャラリーアルファ/名古屋)/個展(たまごギャラリー/札幌)/2011年佐治直魅木版画展『PLANET~Earthly hymn』(ギャラリータマミジアム)/2013年個展(ギャラリーあん/稲沢)/個展(世界観ギャラリー/東京)/2014年佐治直魅展『色彩の宇宙』(ギャラリータマミジアム)/アニマル・アート展/他、グループ展等多数/現在:日本版画協会準会員/日本美術家連盟会員

〔図版=『スフィンクスのなぞなぞ』 佐治直魅 木版画〕


高橋未歩(たかはし みほ)

高橋未歩作品

1985年群馬県生まれ/2008年群馬大学教育学部卒業/現在:銅夢版画工房会員

【展覧会】:銅夢版画展/2008年中美展(入選)/2009年第60回記念群馬県美術展覧会(奨励賞)/中美展(入選)/国際コンテンポラリー版画ビエンナーレ(入選)/2010年銅夢版画工房蔵書票展/2011年銅夢版画工房小作品展/2012年銅夢版画工房小作品展/エクスリブリス・コンチェルタート~日欧幻想蔵書票展(ヴァニラ画廊)/佐藤ゆかり・高橋未歩展-ペン画・水彩画・銅版画/2014年銅夢版画工房小品展/他

〔図版=高橋未歩銅版画作品(部分)〕


東マユミ(ひがし まゆみ)

東マユミ作品

1973年岡山県倉敷市生まれ/1993年日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業/四谷シモン人形学校で人形制作を学ぶ/1997年飯田橋ギャラリーハウスパウゼ個展「東マユミ」展(人形、アクリル画)/1998年飯田橋ギャラリーハウスパウゼグループ展「チャリティアート」展/2000年銀座月光荘企画「ムーンライト」展(01年、02年)/銀座月光荘画室2個展「幻想日記」展(アクリル画)/2002年下北沢ギャラリーミルフイユ「chapter:3」三人展/銀座月光荘画室1個展「耽美」展(アクリル画)/2003年銅夢版画工房で銅版画を学ぶ/2004年銀座ボザールミューグループ展「弥生三月、春うらら」展(3月)/クリスマス展(12月)/プランタン銀座「猫」展(5月、10月)/2005年銀座すどう美術館「第9回若き画家からのメッゼージ2005」展(3月)/銀座月光荘画室5「セブンストーリーズ」七人展(9月)/2006年六本木ギャラリーバー556個展(2月)/荻窪ひなぎく「ロクガツノネコ」二人展(6月)/上野東京都美術館「東京展」(9月)/銀座月光荘画室5「木もれ日」展(11月)/板橋ギャラリー松「100個の100展」(11月)/2007年銀座S.c.o.t.t ポストカード展「~私の中の世界~」(3月)/荻窪ひなぎく「ロクガツノネコvol.2」二人展 (6月)/代々木上原ギャラリー上原「GUAMS受講者9名による100作品展」(8月)/銀座月光荘こんぱる後室「こもれび展」(10月)/銀座S.c.o.t.t「Christmas Present vol.2」(12月)/清澄白河ギャラリーコピス「干支展」(12月)/2008年代々木上原ギャラリー上原「The Cat’s Whiskers」(2月)/横浜ギャラリー山手「第3回猫の展覧会」(4月)/御茶の水美篶堂「セブンストーリーズ2」(6月)/横浜ギャラリー山手「目にも美味しいアート展」(9月)/埼玉県さいたま市ガロー・ミアーゴ「秋の猫ざんまい展」(10月)/横浜ギャラリー山手「第3回クリスマス展」(12月)/2009年横浜ギャラリー山手「第4回猫の展覧会」(4月)/横浜ギャラリー山手「第3回横浜山手の坂道と風景展」(5月)/銀座幸伸ギャラリー「マトリョーシカ展」(8月)/新宿えいじう「ちいさいおうち展」(12月)/横浜ギャラリー山手「クリスマス展」(12月)/2010年深川いっぷく「だるま展」(1月)/白山おとら「猫の生活展」(1月)/代々木上原「百鬼夜行展」(4月)/2011年銅夢版画工房小作品展/2012年銅夢版画工房小作品展/2014年アニマル・アート展/その他、デザインフェスタなど参加


むらタヒロコ

むらタヒロコ作品

 織り、染め、フェルトなどの技法を使って、25年間布作りをしています。布はマフラーや服、バッグ、タペストリーなどになります。安価でおしゃれな品物が簡単に手に入れられるこの時代に、あえて時間を費やして身の回りの物をつくること。 フツー(普通)から、少し飛んでアートしてみること。 これが私の生活に彩りを与えてくれます。私のまわりに楽しい「もの作りの輪」ができればいいなと思っています。

●2015年むらタヒロコ・村田彩2人展「つきやま食堂」(ギャラリータマミジアム)

●ウェブサイト ⇒ むらタヒロコ×つきやま工房


吉田正樹(よしだ まさき)

吉田正樹木版画作品

1947年岐阜県多治見市生まれ/1966年岐阜県立多治見工業高校デザイン科卒業/1986年月刊『万葉通信』製作開始/1991年ほうのき工房設立/1992年月刊『ほうのき通信』製作開始/雑誌『季刊銀花』(90号)に「ほうのき工房の山頭火」掲載/『あいち産業情報』の表紙版画連載開始/暮らしに花―雑誌・銀花を彩る人と作展(銀座松屋)出品/1993年「花の万葉集」(NHK総合テレビ)出演/1994年雑誌『季刊銀花』100号記念特別付録「百物語」木版画制作/雑誌『季刊ウッディライフ』(59号)に「草木の造形美を木版画に託す」掲載/1997年書票集『蝶媒花』第1集発刊/2000年書票集『蝶媒花』第2集発刊/ファイルコレクション『彩り花譜』第1集発刊/2001年ファイルコレクション『彩り花譜』第2集発刊/2007年ココロを伝える木版画展現代版画100選展第2幕「物語のはじまり」/2008年ミニ・プリント展「クリスマスの夜に―」/2010年物語の世界展「セブン・ストーリーズ」/2014年小さな小さな木版画展~六人の木版画家たち/現在:愛知県名古屋市在住

〔図版=『カワセミ』 吉田正樹 木版画〕


たまたま このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。