作品ご紹介

植村美子代作品

植村美子代

『さくら』銅版画手彩色

尾﨑ユタカ作品

尾﨑ユタカ

『Mio Figlio』銅版画(ビュラン)

木原康行作品

木原康行

『Pendule4』銅版画(ビュラン)

佐藤ゆかり作品

佐藤ゆかり

『窓』銅版画手彩色

庄漫作品

庄漫

『外は蝉時雨』銅版画(メゾチント)

展覧会のご案内

版画の小宇宙へ…

佐藤ゆかり作品

 本展は、細密な銅版画で独特の世界観を表現した銅版画作家5名による展覧会です。

 植村美子代先生は、あどけなさの残る少女をおとぎ話のような創作世界の中に描きます。尾﨑ユタカ先生は、極細の彫刻刀を使って人々の何げない日常のひとこまを手のひらサイズの小さな世界に彫り込み、観る人にしみじみとした感情を抱かせます。故・木原康行先生は、人間技とは思えないほど密度の高い幾何学的な線描を用いて、あらゆる感情を排した精緻な作品世界を創出しました。佐藤ゆかり先生は、象徴性や寓意性のある理知的な表現で物語性のある作品を展開しています。そして庄漫先生は、モノトーンの中に柔らかい光や降り注ぐ光、眩い光など多彩な光の表現を用いて、陰影が織り成す一瞬の光景を捉えたドラマティックな作品世界を描き出しました。

 本展におきましては、5作家それぞれの精緻な作品世界をご鑑賞いただき、銅版画の美しさ、奥深さ、そしてそれぞれの作家から発信されるメッセージを感じ取っていただければ幸いです。何卒是非ご来場ください。

〔図版=『窓』 佐藤ゆかり 銅版画手彩色〕


開催概要

展覧会名
「版画のミクロコスモス」~精緻の世界
会期
2016年2月6日(土)~2月13日(土) ※2月10日(水)休み
開廊時間
午前11時~午後6時
会場
ギャラリータマミジアム ご来場案内
入場観覧料
無料
展示作品販売
展示作品は販売します。
出品作家
植村美子代(うえむらみねよ)・尾﨑ユタカ(おざきゆたか)・木原康行(きはらやすゆき)・佐藤ゆかり(さとうゆかり)・庄漫(しょうまん)
展示内容
銅版画
作家来場日
未定

略歴

植村美子代(うえむらみねよ)

1965年愛知県豊橋市生まれ・刈谷市育ち/1989年多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業/2016年現在:神奈川県川崎市在住

【最近の個展】2009年銅版画展「stranger」(ギャラリータマミジアム)/2010年立体展「そばにいたい」(巷房階段下/東京・銀座)/「水色メモリー」(画廊 編/大阪・千日前)/2011年「BLOOM」(巷房・1/東京・銀座)/「ざわめき」~彩色画と銅版画(ギャラリータマミジアム)/2016年「さくら」~銅版画と油彩画(ギャラリータマミジアム)


尾﨑ユタカ(おざきゆたか)

1956年山梨県生まれ/1980年東京藝術大学美術学部絵画科油画銅版画研究室卒業/1995年頃から日常的な世界の断片を小さな画面に繊細で力強い彫りで表現し、独特の世界を展開する/1996年第7回山梨県新進作家選抜展(山梨県立美術館)/第9回上野の森美術館・日本の自然を描く展(文部大臣賞受賞/上野の森美術館)/銅版画集『On the Earth』(ガレリア・グラフィカ)刊行/1997年第3回英国国際ミニアチュール版画展(~1998年イギリス巡回/2000年招待出品)/1998年第1回あおもり版画大賞展(青森)/銅版画集『星』(ガレリア・グラフィカ)刊行/1999年第33回山梨版画協会展(甲府・以降毎年出品)/第1回山本鼎版画大賞展(上田)/2000年現代美術の手法(5)大きい版画と小さな版画(練馬区立美術館)/2002年モントリオール国際ミニアチュール版画展(最高賞受賞/カナダ)/「線の迷宮(ラビリンス)」-細密版画の魅力-展(目黒区美術館)/2003年尾﨑ユタカ展「ラブラドールの休日」(ギャラリータマミジアム)/2005年尾﨑ユタカ個展「尾﨑ユタカ新作銅版画展」(ガレリアグラフィカ)/2006年尾﨑ユタカ個展「Mio Figlio」(ギャラリータマミジアム)/2015年尾﨑ユタカ個展「羽衣」(ギャラリータマミジアム)


木原康行(きはらやすゆき)

1932年北海道名寄市生まれ/1955年武蔵野美術学校本科西洋画科(現・武蔵野美術大学)卒業/1970年渡仏 S.W.ヘイターのアトリエ17で銅版画を学ぶ/1972年現代フランス版画展(ポントワーズ/フランス)/第3回ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ(イギリス)/イズリングトン銅版画グループ展(ロンドン/イギリス)/第4回クラコウ国際版画ビエンナーレ(ポーランド)/第10回サロングラバド国際版画展(マドリッド/スペイン)/1973年プリント・クラブ展(フィラデルフィア/アメリカ)/第3回青年美術家1973年国際展(ニューヨーク/アメリカ)/1974年第11回サロングラバド国際版画展(受賞)(マドリッド/スペイン)/1977年中村真一郎と木原康行による詩画集『死と転生』(大阪フォルム画廊)刊行/『死と転生』発刊記念展を東京、大阪、名古屋、浜松、札幌で開催/1978年日本現代版画大賞展(西武百貨店/東京)/日本の現代版画展(パリ/フランス)/1980年1980日本の版画(栃木県立美術館)/1985年この頃からアクリル画の制作も始める/1986年現代版画と技法展(練馬区立美術館)/1993ヘイターとアトリエ17展(デッサン・版画美術館/フランス)/1995年現代版画の展望展・Part2(新潟市美術館)/1998年第3回サロン「coup de coeur」(パリ/フランス)/1999年第64回フランス・画家・版画家協会展(パリ市6区役所/フランス)/フランス・画家・版画家協会正会員となる(日本人では長谷川潔についで2人目)/2001年フランス・画家・版画家協会展(パリ市6区役所/フランス)/2002年ラビリンス「線の迷宮」展(目黒区美術館)/2003年銅版画の魅力展(ギャラリータマミジアム)/木原康行個展「始原のかたち」(北海道立旭川美術館・企画展)/木原康行個展「中村真一郎と木原康行による詩画集『死と転生』再考展」(ギャラリータマミジアム)/2004年木原康行個展「精緻の美学2」(ギャラリータマミジアム)/2005年「故郷から世界へ」-版画・海を渡った4人のアーティストたち-(ギャラリータマミジアム)/2006年木原康行展「LABYRINTH(ラビリンス)-銅版画とアクリル画の迷宮」(ギャラリータマミジアム)/2008年木原康行個展「Pendule」-銅版画とアクリル画による幾何学的世界(ギャラリータマミジアム)/2010年木原康行新作銅版画展-「Entassement」(ギャラリータマミジアム)/2011年パリにて永眠/2012年追悼・木原康行銅版画展(ギャラリータマミジアム)

【作品収蔵】パリ国立図書館/フランス文化省/ヴィクトリア&アルバート美術館/国立国会図書館/東京国立近代美術館/京都国立近代美術館/東京都現代美術館/目黒区美術館/横浜美術館/愛知県美術館/町田市立国際版画美術館/徳島県立近代美術館/浜松市美術館/栃木県立美術館/北海道立近代美術館/北海道立旭川美術館/新潟市美術館/岡山県立美術館/他


佐藤ゆかり(さとうゆかり)

神奈川県横浜市に生まれ育つ/慶応義塾大学文学部西洋美術史専攻卒業/現在:銅夢版画工房会員/東京展「絵本の部屋」会員/日本書票協会会員

【個展】1991・1992年ギャラリー昴/2001・2003・2006・2007年ギャラリーGK

【グループ展】銅夢版画展/13人の机から(紀伊国屋画廊)/2010年銅夢版画工房蔵書票展/物語の世界展/2011年銅夢版画工房小作品展/2012年銅夢版画工房小作品展/佐藤ゆかり・高橋未歩展-ペン画・水彩画・銅版画/他(海外展)2000年 Ex Libris In The 21st Century (Spain) European Cities /2002年 International Mini-Print and Bookplate Exhibition (Romania)/2005年 The International Mini-Print Biennal (Romania)

【受賞】1988年東京展「絵本の部屋」(奨励賞)/1989年東京展「絵本の部屋」(東京展賞)/2009年小版画と蔵書票の第1回国際ビエンナーレ(国立美術館賞/ブレスト、ベラルーシ)


庄漫(しょうまん)

1972年上海生まれ/1995年上海第二医科大学口腔医学部卒業/卒業後は歯科医として国営総合病院に勤務/2000年来日/2003年第23回スペイン国際小品版画展(~2010年)/タイ王国国際版画展/第29回大学版画展(町田市立国際版画美術館)/2004年日本メゾチント協会展(ART BOXギャラリー/銀座)/日中友好国際版画展(上海半島美術館・天津美術学院)/第49回CWAJ現代版画展(東京アメリカンクラブ/以後出品を重ねる)/第30回大学版画展(町田市立国際版画美術館)/2005年第4回ブルガリアHLESSEDRA国際小品版画展/現代日本版画展(杭州中国美術学院)/JAPAN TIMES紙にCWAJ入選記事掲載/2006年第7回バラト・バーバン国際版画ビエンナーレ展(インド)/版画フォーラム2006(東秩父和紙の里/FMナック賞)/東京メトロパスネットに版画作品『卓上の花』掲載(20万部発行)/文化女子大学造形学部生活造形学科グラフィック・プロダクトデザインコース卒業(銅版画家の鹿取武司教授に銅版画のメゾチント技法等を学ぶ)/芸術ビザ取得/第14回SPACE国際版画ビエンナーレ(韓国・ソウル)/2007年第75回版画展(日本版画協会/以後出品を重ねる)/第84回春陽展(国立新美術館/~2011年)/第48回日本版画会展(東京都美術館/奨励賞/~2009年)/第5回ソフィア国際版画トリエンナーレ(ブルガリア)/書籍表紙装丁『心がかゆい』(川崎洋子著/東京図書出版会)/Hands Across the Pacific環太平洋展(韓国・カナダ)/東京メトロポリタン・モンパルナスT.M.M.展/第6回ブルガリアHLESSEDRA国際小品版画展/第9回XATIVA国際版画ビエンナーレ(スペイン)/月刊誌『コロンブス』に特集記事「日本で活躍する中国人」掲載/2008年第7回高知国際版画トリエンナーレ(いの町紙の博物館/高知/~2011年)/第13回台湾国際版画ビエンナーレ(台湾国立美術館/~2010年)/第4回山本鼎版画大賞展トリエンナーレ(上田市上田創造館/~2010年)/カスケード国際版画交流展(アメリカ)/三菱電機社内誌『MECHATRO NEWS』に「リレーエッセイ」掲載/2009年第9回PREMIO ACQUI国際版画ビエンナーレ(グランプリ受賞/イタリア~/2011年)/第15回SPACE国際版画ビエンナーレ(買上賞/韓国・ソウル)/版画フォーラム2009(東秩父和紙の里/シンフォニー賞)/第2回観瀾国際版画ビエンナーレ(中国/入選/収蔵/~2011年)/2010年第33回国際蔵書票ビエンナーレ展(トルコ/入選)/2011年NHK-BS1番組『アジアクロスロード』の「Asian in Japan」に出演(タイトル:「歯科医から版画家への道」)/日本版画協会準会員推挙/プリントザウルス小品展2011~プリントザウルス国際版画交流協会の42作家(ギャラリータマミジアム)/2012年個展「外は蝉時雨」(ギャラリータマミジアム)/第2回プリントザウルス小品展/現代アーティストクレパス画展(京橋画廊/サクラアートミュージアム/日南町美術館/~2014年)/FISAE34th国際蔵書票ビエンナーレ(フィンランド/五等賞)/黒龍江省美術館開館50周年国際蔵書票招待展(中国)/2012イタリア・日本現代版画交流展(銀座/日本橋)/杭州版画博覧会(中国)/北京文化博覧会版画交流展/第3回プリントザウルス小品展/2013年個展「光陰の道標」(ギャラリータマミジアム)/2015年個展「春の陽射し」(ギャラリータマミジアム)/その他個展等多数開催

【収蔵】米国議会図書館(アメリカ)/台湾国立美術館(台湾)/中国観瀾版画センター/中国黒龍江省美術館/鳥取県日南町美術館


たまたま このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。