野辺田紀子展『幻花』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

野辺田紀子展|2012年4月7日(土)〜4月14日(土)〔※11日(水)休廊〕|午前11時〜午後6時30分(最終日午後5時)

主体美術協会会員で洋画家の野辺田紀子先生による「幻花」をテーマとした油彩画の展覧会「野辺田紀子展」をご紹介。

野辺田紀子展-展覧会のご案内

万物流転の中に見出した「生」、そして「幻花」

野辺田紀子作品


 身近な風景や静物の中に自然の摂理や宇宙の霊性を感じ取り、それらを繊細な色使いと独特のマチエールを駆使して内面世界を描く主体美術協会会員の野辺田紀子(のべた のりこ)先生。

 今展では、作家の造形思考の底流にある「生」への慈愛や畏怖の念を、森羅万象、万物が流転する現象の中にオーバーラップさせて描いた作品約20点を展示します。

 無音で清澄な作品世界の中からは、生命讃歌あるいは鎮魂歌の穏やかな曲目が静かに聞こえてくるようです。何卒是非、ご高覧ください。

〔図版=『幻花』 野辺田紀子 油彩 F6号〕


野辺田紀子展-開催概要

展覧会名
野辺田紀子展「幻花」
Noriko Nobeta Painting Exhibition 2012
展覧会会期
2012年4月7日(土)〜4月14日(土)
休廊日
11日(水)休廊
開廊時間
午前11時〜午後6時30分(最終日午後5時)
入場観覧料
無料
出品作家
野辺田紀子 (のべた のりこ)
作家来廊日
全日の午後を予定
展示内容
油彩画作品約20点

モバイル版Yahoo!JAPANが、野辺田紀子展情報を配信中!

QRコード-「野辺田紀子展」のYAHOO!JAPANモバイル情報ページへGO!

気になる野辺田紀子展の情報をケータイで持ち歩こう!

ギャラリータマミジアム・モバイルサイトは、最下欄のQRコードから!


作家のことば

万物流転

野辺田紀子作品


 人の生と死も、時間の流れも、水の流れも、一つの状態に止まらず移り変わっていきます。


 万物流転。


 この現象の背後に働いている自然の摂理や宇宙の霊性の、せめて片鱗(へんりん)ぐらいを画面に表現できないものかと思いながら作画しています。


 今回の個展では、遠い道のりの途上少し立ち止まり、新作20点ぐらいを展示し、作品を通して見てくださる方の共感を得ることができれば幸いです。

〔図版=『流転』 野辺田紀子 油彩 F50号〕


祈りにも似た感情が私の胸をよぎる時…

 人間の精神はいつから帯びるようになったのかと思いを巡らせるとき、人の脳とは別に大宇宙に目に見えない魂や霊が存在するという考えに導かれます。


 涙を多く出すものに浄福を、との祈りにも似た感情が私の胸をよぎる時、浄化する何かを絵画の画面に求め、自然から、あるいは人工物からモチーフを借りて作品づくりをしています。


 今年いただいた年賀状のなかに、【大宇宙を 助け合いつつ循環する 全てのいのち】…紀州の地に伝承されている、いろは歌、ご詠歌の一つだそうですが、この言葉に心を激しく揺り動かされました。


 井戸を掘るごとく、心の奥深くに分け入り、内的世界を見つめていくとこのような考えに導かれるのではないかと思います。


 上の言葉のかけらでもいいから画面の上に表現できないかと、模索を続けながらこれからも制作していきたいと考えています。

(野辺田 紀子)

野辺田紀子が紹介されました

野辺田紀子展 (『美術の窓』より)

野辺田紀子展記事 古くから民間に伝承される「大宇宙を助け合いつつ循環する全てのいのち」をテーマに制作を続けている野辺田紀子の個展。


 大自然に存在する霊的なものの気配が漂う作品に独自性がある。


 今展では100〜0号までの新近作を中心に、約20点が展示される。


 現在主体美術協会会員、日本美術家連盟会員。


4月7日(土)〜4月14日(土)

※11日(水)休廊

ギャラリータマミジアム

名古屋市中区錦3-24-12

電話052(957)3603


(『水の大地―祈り』 60号 P)

〔図版=『美術の窓』2012年4月号No.343(第31巻第4号通巻363号)P.164「PREVIEW」より〕


野辺田紀子|略歴

野辺田紀子 (のべた のりこ)

野辺田紀子作品愛知県名古屋市出身/1988年主体展初入選/1991年愛知県文連展/1996年野辺田紀子個展(知多市勤労文化会館)/1997年上野の森美術館大賞展(入選)/野辺田紀子個展(ギャラリーチカシン/名古屋)/1998年上野の森美術館大賞展(一次賞候補)/1999年上野の森美術館大賞展(一次賞候補)/欧美美術賞展(スペイン・バルセロナ市)/ART BOX マスターズ大賞展(優秀賞)/企画マスターズ大賞展受賞記念二人展(ART BOX ギャラリー/銀座)/2000年ART BOX 大賞展(賞候補)/欧美2000ドイツ美術賞展(フランクフルト市)/2001年日仏代表作家フランス展(ランブイエ市)/2002年虹彩会展20回記念展/野辺田紀子個展(ギャラリー名芳洞/名古屋)/2005年第13回 ART BOX マスターズ大賞展(大賞受賞)/主体展(佳作)/野辺田紀子個展(ギャラリー名芳洞/名古屋)/2006年主体展(佳作)/主体展会員推挙/野辺田紀子個展〔企画マスターズ大賞展受賞記念展〕(ART BOX ギャラリー/銀座)/2007年野辺田紀子個展「自然のいのち」(ギャラリータマミジアム)/2009年野辺田紀子個展「流れつづける」(ギャラリータマミジアム)/2011年野辺田紀子個展「旅人」(ギャラリー椿GT2)/2012年野辺田紀子個展「幻花」(ギャラリータマミジアム)その他:美・むさ展(東桜会館)、朝日チャリティ展等多数出品/2012年3月現在:主体美術協会会員/日本美術家連盟会員/愛知県知多市在住

〔図版=『蔦と実』 野辺田紀子 油彩 F4号〕


野辺田紀子ホームページ ⇒ 赫い小径

野辺田紀子ブログ ⇒ 赫い小径みちくさ日記


著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.