山田良知展-『それでも伸びる』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

山田良知展-『それでも伸びる』|2010年10月28日(木)〜11月2日(火)〔※会期中無休〕|午前11時〜午後6時30分

パーキンソン病のため2008年7月と10月に脳の手術〔深部脳刺激療法(Deep Brain Stimulation:DBS)〕を受けた山田良知(やまだよしとも)先生による、術後初となる展覧会「山田良知展」をご紹介。

山田良知展-『それでも伸びる』-展覧会のご案内

ユーモアたっぷりに日常の風景を描き続ける画家―。

山田良知作品

 山田良知先生は、片手に杖を携え、大きなスケッチブックを脇に抱え、そして背中には重たい画材を入れたリュックを背負い、日々街を歩き続ける作家です。

 そして日常の風景の中に心に留まったものを見つけると、所構わず筆を取り出し、絵を描き始めてしまう、生粋の風景画家です。そのひたぶらな姿を目にすれば、誰しもこの作家を作家たらしめている深甚な使命感を見出さずにはいられないでしょう。


 本展では、運命に抗わずとする真摯なたくましさを持って、独特のユーモアを織り交ぜながら風景を描き続けて来た山田良知先生の、面目躍如たる作品85点を展示します。まるで時流に遡行するかのように表現された素朴な作品の中に、私たちは、内的ビジョンの具現化を試みた末に逢着した作家の、ひょうひょうとした造形思考を垣間見ることができます。何卒是非、ご高覧ください。

〔図版=『それでも伸びる』 山田良知 油彩画〕


山田良知展-開催概要

展覧会名
山田良知展-『それでも伸びる』-油彩画・版画・立体造形
Yoshitomo Yamada Exhibition 2010
展覧会会期
2010年10月28日(木)〜11月2日(火)
休廊日
会期中無休
開廊時間
午前11時〜午後6時30分(最終日は午後4時まで)
入場観覧料
無料
出品作家
山田良知 (やまだ よしとも)
作家来廊日
全日
展示内容
油彩画・版画・立体造形(小枝やダンボールを使用した作品)など、計85点。

モバイル版Yahoo!が、山田良知展情報を配信中!

QRコード-展覧会「山田良知展」のYAHOO!JAPANモバイル情報ページへGO!

気になる「山田良知展」の情報をケータイで持ち歩こう!

ウェブ版Yahoo!は、http://local.yahoo.co.jp/detail/event/p10031196/

ギャラリータマミジアム・モバイルサイトは、最下欄のQRコードから!


山田良知|略歴

山田良知 (やまだ よしとも)

山田良知作品

1944年中国・杭州市で出生/1967年多摩美術大学美術学部油画科(齋藤義重教室)卒業/個展(銀芳堂画廊・東京銀座・抽象絵画展)/1968年〜1991年モダンアート協会所属(会友)/2006年個展(名古屋市民ギャラリー栄・山と花の絵画展)/多摩美愛知の会展(以後出品を重ねる)/2008年7月と10月パーキンソン病のため脳の手術〔深部脳刺激療法(Deep Brain Stimulation:DBS)〕を受ける/現在:愛知県名古屋市在住

〔図版=『散歩』 山田良知 油彩画〕


会場の山田良知先生

「山田良知展」会場の山田良知先生

〔写真=山田良知先生(最前列中央)/2010年10月30日(土)〕



山田良知先生

〔写真=2010年10月29日(金)ギャラリータマミジアムにて〕

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.