酒井道雄酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

酒井道雄と酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』|2010年11月11日(木)〜11月16日(火)〔※会期中無休〕|午前11時〜午後6時

僧侶である酒井道雄先生と、その御令孫にあたる酒井公基先生による絵画の展覧会「おじいちゃんと孫の仏画展」をご紹介。

酒井道雄と酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』-展覧会のご案内

僧侶のおじいちゃんとその孫による、初の仏画コラボ展!

酒井道雄作品

 本展は、僧侶の酒井道雄(さかいどうゆう)先生と、その御令孫にあたる酒井公基(さかいこうき)先生による、仏画の二人展です。両作家にとって、今回が初めての展覧会となります。


 酒井道雄先生は、大正13年生まれの86歳。駒沢大学卒業後、曹洞宗大本山永平寺知殿役となりました。

 その後、現在に至るまでの20年間の間におよそ18,400枚もの仏画(墨彩画)を描き溜めました。

 この稀代の作家の手による、どことなく愛嬌のある仏画作品は、何れも観る者に遍く安穏な気持ちを与えてくれるようです。


 一方、酒井公基先生は昨年名古屋造形大学を卒業したばかりの25歳です。若い感性が横溢する仏画には、万古不易な煩悶を諦観しようとする作家の真摯な姿勢を垣間見ることができます。


 さて、世代を超えた二人によるこの仏画展は、私たちに今、何を語ってくれるのでしょうか。何卒是非、ご高覧ください。

〔図版=『我此土安穏』 酒井道雄 色紙画〕


酒井道雄と酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』-開催概要

展覧会名
酒井道雄と酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』
The exhibition of Buddhist paintings 2010 - Doyu Sakai and his grandson, Koki Sakai
展覧会会期
2010年11月11日(木)〜11月16日(火)
休廊日
会期中無休
開廊時間
午前11時〜午後6時(最終日は午後5時まで)
入場観覧料
無料
出品作家
酒井道雄(さかい どうゆう)・酒井公基(さかい こうき)
作家来廊日
酒井道雄:13日(土)
酒井公基:13日(土) ※お尋ねください。
展示内容
仏画(墨彩画)約100点(額装画・軸装画・色紙画・パネル画・ポートフォリオ)

モバイル版Yahoo!が、酒井道雄と酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』情報を配信中!

QRコード-展覧会『酒井道雄と酒井公基の、おじいちゃんと孫の仏画展』のYAHOO!JAPANモバイル情報ページへGO!

気になる「おじいちゃんと孫の仏画展」の情報をケータイで持ち歩こう!

ウェブ版Yahoo!は、http://local.yahoo.co.jp/detail/event/p10036151/

ギャラリータマミジアム・モバイルサイトは、最下欄のQRコードから!


酒井道雄・酒井公基|略歴

酒井道雄 (さかい どうゆう)

酒井道雄作品

1924(大正13)年、長野県諏訪市生まれ(86才)/駒沢大学卒業後、1947〜1952(昭和22〜27)年、曹洞宗大本山永平寺知殿役/20年をかけて、仏画(墨彩画)18,400枚を描く。/2010年酒井道雄と酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』(ギャラリータマミジアム)


〔図版(左)=仏画 酒井道雄 色紙画 / 図版(右)=会場の酒井道雄先生(11/13)〕


酒井公基 (さかい こうき)

酒井公基作品

1985(昭和60)年、兵庫県神戸市生まれ(25才)/2009(平成21)年、名古屋造形大学卒業/その後、独学で絵を描く。/2010年酒井道雄と酒井公基-『おじいちゃんと孫の仏画展』(ギャラリータマミジアム)

〔図版=無題 酒井公基 ドローイング〕


著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.