小浦昇銅版画展-『カルメル博士の旅』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

小浦昇銅版画展|2008年11月1日(土)〜11月15日(土)〔※水曜日休廊〕|午前11時〜午後6時

銅版画家の小浦昇先生による「カルメル博士の旅」をテーマとした新作銅版画作品の展覧会「小浦昇銅版画展」をご紹介。

小浦昇銅版画展-展覧会のご案内

小浦昇銅版画展-『カルメル博士の旅』

小浦昇作品画像

 本展は、詩的でおだやかなファンタジーの世界を創造する色彩銅版画家、小浦昇先生による新作銅版画展です。ギャラリータマミジアムでは6回目の個展となります。

 さて、今回の展覧会のテーマは、「カルメル博士の旅」。

 カルメル博士は花の香りに誘われるまま、時間と記憶の回廊をめぐる贅沢な旅に出ました。それはとても幸せな旅となりました・・・。

 本展では、そんな素敵な旅を経験したカルメル博士の備忘録と、旅先で得られた収集品の数々をご紹介致します。何卒是非ご高覧ください。

 ところでカルメル博士とは、いったいどんな人物なのでしょう。ひょっとするとカルメル博士は、あなた自身なのかもしれません。この謎が解けるのは、本展をご覧になった、あなただけ―。

〔図版=『船旅』 小浦昇 銅版画 2008年〕


小浦昇銅版画展-開催概要

展覧会名
小浦昇銅版画展-『カルメル博士の旅』 Noboru Koura Exhibition 2008
展覧会会期
2008年11月1日(土)〜11月15日(土)
休廊日
5日(水)・12日(水)
開廊時間
午前11時〜午後6時
入場観覧料
無料
出品作家
小浦 昇 (こうら のぼる)
作家来廊日
未定
展示内容
色彩銅版画作品

小浦昇展-展覧会によせて-作家の言葉

ごあいさつ

小浦昇作品画像 このたびの展覧会では、「カルメル博士とチューリップ」と称した、私の新作色彩銅版画シリーズを発表致します。

 ギャラリータマミジアムでの展覧会には、「カルメル博士の旅」というサブタイトルを冠させて頂きました。


 私の作品が、どうか、あなたの新しい希望につながりますように―。

〔小浦 昇〕

〔図版=『決定詞のキリン』 小浦昇 銅版画 2008年〕

小浦昇銅版画作品と詩のコラボレーション

本展に出品される作品には、それぞれに素敵な詩がつけられています。

小浦昇作品

駅に行く

ねぇ君 一度時空旅行をしてみたいね

ただし、日帰りでだよ

思い出に長居して

ここに戻ってこられなかったら 困るからさ

時の検問所を遡って10日ばかり

どうしてもあの時の君に会って

確かめたいことが あるんだよ


船旅

振り返るのと

背を向けるのと

まばたきほどの差だったでしょうか

鏡の中でかすかに横顔が揺れ

残像になって 胸に焼きつきました

〔図版=『駅に行く』 小浦昇 銅版画 2008年/詩=小浦昇銅版画展「カルメル博士の旅」より〕

小浦昇銅版画展が紹介されました

小浦昇銅版画展新聞記事

小浦昇展―カルメル博士の旅

 15日(土)までの午前11時〜午後6時、名古屋市中区錦3丁目のギャラリータマミジアム(栄駅、電話052・957・3603)。

 赤や青などを主体とした独特の色調で作品を制作する銅版画家。

 カラーエッチングで透明感のある青色を出した「青い銅版画」シリーズから、近作「カルメル博士の旅」の連作=写真は「船旅」=を中心に、モノクロを含む32点を並べる。

 アクアチントで濃淡をつけた作品は、青一色ながらも奥行きを感じさせる仕上がり。

 それぞれの作品にストーリーがつき、物語としても楽しめる。12日休み。

〔朝日新聞2008年11月12日(水)夕刊「展覧会」より〕


小浦昇銅版画展が朝日新聞に紹介されました。

小浦昇銅版画展新聞記事画像

 小浦昇展「カルメル博士の旅」

15日まで(水曜休み)、名古屋市中区錦3のギャラリータマミジアム(052・957・3603)。

細密な作風の銅版画。

〔図版=朝日新聞2008年11月4日(火)朝刊「ギャラリー散歩」より〕

小浦昇|略歴

小浦 昇(こうら のぼる)

小浦昇作品画像

1949年埼玉県川口市生まれ/1974年ジャパンアートフェスティバル出品/1975年多摩美術大学大学院修了/1979年この頃より黒インクのみで制作する版画から黒インクを使わないで制作する版画へとそのスタイルを変化させる/1980年日動版画グランプリ展グランプリ受賞/1988年ニューヨーク アートエクスポ出品/1989年国際「花と緑の博覧会」ポスター制作/1998年小浦昇作品集『青い月の物語』出版(ダイヤモンド社)/2002年小浦昇個展「青い月の物語-BLUE MOON」(ギャラリータマミジアム)/2003年小浦昇作品集『赤い月の物語』出版(ダイヤモンド社)/小浦昇個展「テンペラ画と銅版画」(ギャラリータマミジアム)/2004年小浦昇個展「赤い月の物語-RED MOON」(ギャラリータマミジアム)/2006年小浦昇個展「SILVER MOON」(ギャラリータマミジアム)/2007年小浦昇個展「FRIENDS」(ギャラリータマミジアム)/2008年小浦昇個展「カルメル博士の旅」(ギャラリータマミジアム)/※作品はポスター、本の装丁、CDジャケット、カレンダーなどにも採用され、個展やグループ展活動も定期的に開催/2008年現在:春陽会版画部会員

〔図版=『一人歩きする影』 小浦昇 銅版画 2008年〕


小浦昇オフィシャルサイトへ

⇒小浦昇先生の公式サイトも是非ご覧ください。

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.