第11回もくはん倶楽部木版画展2008-『新たな表現をめざす27人の木版画家たち』|ギャラリータマミジアム

もくはん倶楽部木版画展2008|2008年10月2日(木)〜10月7日(火)〔会期中無休〕|午前11時〜午後6時(最終日は午後4時まで)

もくはん倶楽部の木版画家、市川彰、伊藤千絵、老本貴美枝、加藤健、木俣宣夫、櫛田諄造、酒井政保、鷺坂妙子、末田一夫、陶山俊一、仙波英雄、竹村ふさ子、辻哲男、辻口清子、土岡都、長瀬由美子、萩原真樹、萩原理樹、平栗幸雄、舟橋良一、松浦育三郎、村山宣子、油布康弘、吉朝悦子、吉田正樹、和田昭治、渡辺恵子による木版画の展覧会「第11回もくはん倶楽部木版画展」をご紹介。

第11回もくはん倶楽部木版画展2008-展覧会のご案内

萩原真樹作品

もくはん倶楽部とは・・・

 もくはん倶楽部とは、日本の伝統的な木版画制作における高い技術力を持った作家集団で、木版画の盛んな中部地方のみならず、日本全国各地で木版画制作の指導にあたられている先生方が中心となって構成されています。本展はその第11回展となり、タマミジアムを会場として開催するのは、今回で3回目となります。

 本展におきまして、27人の作家による卓越した木版画表現の、彫り、摺り、構成、創意工夫点をご覧頂き、私たちに馴染みの深い木版画の楽しさ、美しさ、そして各作家が追求しているテーマと木版画表現の「現在」をご覧頂ければ幸いです。是非ご来場ください。

〔図版=『多摩川奔流』 萩原真樹 木版画〕


もくはん倶楽部木版画展-開催概要

展覧会名
第11回もくはん倶楽部木版画展-新たな表現をめざす27人の木版画家たち
The 11th MOKUHAN-Club Exhibition 2008 -woodcuts-
展覧会会期
2008年10月2日(木)〜10月7日(火)
休廊日
会期中無休
開廊時間
午前11時〜午後6時(最終日午後4時)
入場観覧料
無料
出品作家
市川彰/伊藤千絵/老本貴美枝/加藤健/木俣宣夫/櫛田諄造/酒井政保/鷺坂妙子/末田一夫/陶山俊一/仙波英雄/竹村ふさ子/辻哲男/辻口清子/土岡都/長瀬由美子/萩原真樹/萩原理樹/平栗幸雄/舟橋良一/松浦育三郎/村山宣子/油布康弘/吉朝悦子/吉田正樹/和田昭治/渡辺恵子(以上27名・敬称略)
作家来廊日
当番制のため、お問い合わせください。
展示内容
木版画

酒井政保先生が木口木版画技法を説明

酒井政保先生による木口木版画技法の説明

 来年ギャラリータマミジアムで個展を開催する酒井政保先生が、本展に木口木版画作品1枚を出品しています。

 酒井政保先生は会場内で、展示された出品作に実際に用いられた版木を公開し、ギャラリーを訪れたお客様に木口木版画技法について、懇切丁寧にご説明されました。繊細な線が無数に彫られた版木を初めて見たお客様からは、常に感嘆の声が上がりました。

〔写真=会場内で版木を見せながら木口木版画技法を説明する酒井政保先生(左の青い服を着た人物)〕

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.