武田州左展-『光の采』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

武田州左展-『光の采』|2008年6月14日(土)〜6月22日(日)〔※6月18日(水)休廊〕|午前11時〜午後6時

創画会会員の武田州左(たけだくにさ)先生による和紙と岩絵具を用いた日本画の展覧会「武田州左展『光の采』」をご紹介。

武田州左展-展覧会のご案内

武田州左作品

展覧会のご案内

 美術評論家の草薙奈津子氏は、展覧会図録『KUNISA TAKEDA New Paintings 2002 - 武田州左展』〔発行:財団法人五島記念文化財団/2002年〕の中で、『・・・武田州左は、「私が生きていく限り、私の生命が表現の軸である。」と語った。この自己への絶対的信頼を凄いと思う。しかしそれは裏返せば、常に自己の精神を高く堅持するためにたゆまぬ努力が要求されるということでもある。精神の緊張と表現におけるダイナミズムが互いを飲み込むものではなく、ますます互いを鼓舞することを願ってやまない。』と述べ、また、『今40歳の武田は、人間として、画家として第1幕を終え、第2幕を熱演しているところである。今後、第3幕、第4幕とどんな展開を見せるのか、その展開が楽しみだし、期待を裏切らないと思う。』と結んでいます。

 それから6年。早くから人間存在の根幹に関わるテーマ「いのち」を見出してきた武田州左先生の仕事ぶりは、歳月を経るごとにその意義と重要性が高まり、またその表現においても「生命の輝き」が増してきたように思われます。

 本展におきまして、最新の武田州左先生の仕事ぶりを是非ご高覧頂き、同時代を生きる私たちに投げかけられた『ダイナミックでもあり、繊細でもあり、強くも弱くも優しくも、そして深く華やかでもある』“いのち”のメッセージを受けとめて頂ければ幸いです。

〔図版=『光の采・679』 武田州左 S50号(116.7×116.7cm)45度回転 パネルに和紙・岩絵具 2008年〕


武田州左展-開催概要

展覧会名
武田州左展 『光の采』 - Kunisa Takeda Exhibition 2008
展覧会会期
2008年6月14日(土)〜6月22日(日)
休廊日
6月18日(水)
開廊時間
午前11時〜午後6時
入場観覧料
無料
出品作家
武田州左(たけだ くにさ)
作家来場日
6月14日(土)・15日(日)※時間はお尋ねください。
展示内容
日本画

武田州左先生がご来廊

武田州左展「光の采」〔2008年6月14日(土)〜6月22日(日)〕

武田州左先生

 武田州左展の初日にあたる6月14日(土)から翌15日(日)にかけて、創画会会員の武田州左先生がギャラリータマミジアムにお越しになりました。

 作家在廊中は会場を訪れたお客様から、

「創画展ではいつも武田州左先生の作品が気になっていましたが、個展で、しかもこれだけまとまった量の作品を拝見するのは今回が初めて。空間と一体となった作品群と個々の作品の質の高さについ圧倒されてしまいがちですが、それでも空気のように空間に満ち溢れる武田州左先生の『いのち』に対する『思い』というものが、やさしく語られるように私の心にひた寄せてくるのがわかります。」との声が寄せられました。

〔図版=新作『光の采・678』の隣に立つ武田州左先生(2008年6月14日ギャラリータマミジアム展覧会場内で撮影)〕

高北幸矢氏(名古屋造形大学学長)によるコメント

 遅い昼食後、ギャラリータマミジアムで「武田州左展光の采」を観る。武田さんは、名古屋造形客員教授であるが、東京が主な活躍の場、名古屋では初めての個展とのこと。会場に入ったとたん、色香溢れる色彩世界が包んでくれる。色と形が織りなす造形世界であるが、圧倒的に美しい色彩が主張している。額縁を使用せず木製パネルの隅々まで色彩の存在感を示している。側面の表現がその色香に隙を与えず、切なくなる程心を奪って行く。絶賛の作品群だ。

〔「名古屋造形大学ウェブサイト『学長ブログ』 2008/6/14 土曜日」より一部を転載〕

武田州左|略歴

武田州左 (たけだ くにさ)

武田州左作品

1962年東京都生まれ/ 1984年第11回創画展(1998・2001・2002・2003年創画会賞)/1985年多摩美術大学日本画科卒業/第10回春季創画展(1989・1990・1994・1995・1997・2001年春季展賞)/1986年第21回昭和会展(87・88年シード出品)/第1回川端龍子賞展(和歌山県立博物館1989・1990年)/1992年文化庁芸術家インターンシップ研修員/1993年現代絵画の一断面「日本画」を越えて展(東京都美術館企画展示室)/1995年武蔵野美術大学日本画非常勤講師(97年3月まで)/第13回山種美術館賞展/1996年多摩美術大学日本画非常勤講師(99年3月まで)/1998年平成10年度第9回五島記念文化財団美術新人賞/1999年渡米(2月から2000年1月まで)/1999年平成10年度文化庁買上優秀美術作品披露展(日本芸術院会館)/2000年名古屋造形芸術短期大学日本画客員教授/多摩美術大学日本画非常勤講師(4月から01年3月まで)/2001年第20回安田火災美術財団選抜奨励展(安田火災東郷青児美術館) /個展-五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念(SK画廊/Gallery 香染美術)/2002年東山魁夷記念日経日本画大賞展/2003年創画会会員推挙/2004年「超」日本画宣言展(練馬区立美術館)/個展(横浜高島屋)/須藤美保・田内公望・武田州左絵画展(ギャラリータマミジアム)/2006年現代「日本画」の展望展(和歌山県立近代美術館)/2008年個展(ギャラリータマミジアム)/現在:創画会会員/多摩美術大学准教授/名古屋造形大学客員教授

〔図版=『光の采・680』 武田州左 90×180cm パネルに和紙・岩絵具 2008年〕

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.