馬渕貴子油絵作品展-『観』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

馬渕貴子油絵作品展|2008年4月8日(火)〜4月15日(火)※会期中無休|午前11時〜午後6時

愛知県愛知郡長久手町にあるギャラリーArt Libra(アートリーブラ)で主に作品を発表されてきた洋画家の馬渕貴子先生による油彩画の展覧会「馬渕貴子油絵作品展『観』」をご紹介。

馬渕貴子油絵作品展-展覧会のご案内

馬渕貴子作品

展覧会のご案内

 油絵作家の馬渕貴子さんは、1959年徳島県にお生まれになりました。上智大学外国語学部卒業後、外資系企業勤務、公立高校の英語教諭を経て、フリーランスの翻訳家、コーディネーター、交渉代行人としてアメリカ、スペイン、インド等を訪れたことのある、異色の洋画家です。

 馬渕貴子さんの作品創造の原点は、これらの経験を通して、自らが目の当たりにしてきた、世界で起きている様々なアンバランスに焦点を当てたことにあります。繊細で鋭い感性を持つ作家は、自己の内面と社会とのかかわりを探る過程で、自然にアートのもつ役割を認識するようになり、画家として本格的な活動を開始するに至りました。

 本展におきまして、純粋にアートと対峙する作家の制作姿勢とその内面からのメッセージをお伝えできれば幸いです。是非、ご高覧ください。

〔図版=『薔薇』 馬渕貴子 F15号(65.2×53.0cm) 油絵作品(DMより転載)〕


馬渕貴子油絵作品展-開催概要

展覧会名
馬渕貴子油絵作品展 『観』
Takako Mabuchi Exhibition 2008
展覧会会期
2008年4月8日(火)〜4月15日(火)
休廊日
会期中無休
開廊時間
午前11時〜午後6時
入場観覧料
無料
主催
Art Libra(アート リーブラ)
※2008年12月に奈良県の室生山中に移転しました。
連絡先等の詳細は、 http://artlibra.net をご覧ください。
出品作家
馬渕貴子(まぶち たかこ)
作家来廊日
上記主催者へお問い合わせください。
展示内容
油彩画(油絵)

『観』(ギャラリー Art Libra発行DMより)

馬渕貴子作品

 「観」とは、肉体と精神と魂のすべてを澄まし、対象物と一体となるまで観るということであります。自己の内側に体験が起きるまで観るということであります。

〔「馬渕貴子油絵作品展『観』」(ギャラリー Art Libra発行)DMより一部を抜粋〕

〔図版=『椿と柿』 馬渕貴子 F8号(38.0×45.5cm) 油絵作品(DMより転載)〕

馬渕貴子展が紹介されました

馬渕貴子新聞記事

馬渕貴子油絵作品展「観」

 8〜15日午前11時〜午後6時、名古屋市中区錦3のギャラリータマミジアム(052・957・3603)。

 馬渕さんが花などを中心に描いた新作など=写真は薔薇(ばら)=約30点。

〔朝日新聞2008年4月3日(木)朝刊(愛知総合版)より〕

馬渕貴子|略歴

馬渕貴子 (まぶち たかこ)

略歴:1959年徳島県に生まれる。上智大学外国語学部卒業後、外資系企業勤務、公立高校英語教諭を経て、フリーランスの翻訳家、交渉代行人として、アメリカ、スペイン、インド等を訪れる。2008年12月、奈良県の室生山中に引越。詳しくは http://artlibra.net をご覧ください。

展覧会:2004年5月ギャラリーArt Libraにて常設展示販売開始/2006年3月第1回馬渕貴子油絵作品展(Art Libra)/2006年9月第2回馬渕貴子油絵作品展(Art Libra)/2007年2月企画展(Art Libra)/2007年12月-2008年1月馬渕貴子油絵作品展「たったひとつのすべてのすべて」(ギャラリータマミジアム)

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.