植村美子代・坂田季代子展-『銅版画による物語の世界』|ギャラリータマミジアム

植村美子代・坂田季代子展|2008年1月26日(土)〜2月3日(日)〔※水曜日休廊〕|午前11時〜午後6時

植村美子代先生と坂田季代子先生による銅版画の展覧会「植村美子代・坂田季代子展-『銅版画による物語の世界』」をご紹介。

植村美子代・坂田季代子展-展覧会のご案内

植村美子代・坂田季代子展-「銅版画による物語の世界」

植村美子代作品

 本展は、近年内外で頭角を現している注目すべき女性銅版画家二人による展覧会です。

 植村美子代先生は、女性ならではの発想とユニークなスタイルで幻想的な作品を制作している作家です。これまでに開催した個展では、「天使のバラッド」、「風の行方」、「月苺」、「inner cosmos」などのサブ・タイトルを冠し、作家の内面性を象徴するかのような、物語性のある作品を展開してきました。そして今、これらのテーマあるいは物語性の変遷を辿ると、この変化はまさしく作家の内面性の変化でもあり、また成長の証であったとも言えるでしょう。

 しかしこの変遷は、決して旧作と新作の間に優劣があるということではありません。ギャラリータマミジアムでは、作家がこれまでに辿ってきた「変化」と「変遷」の中に価値を見出し、「物語性」と「内面性」の関係にスポットを当てるため、旧作から新作までを一堂に展示致します。幾多の変化と変遷の中においても、作家が一貫して変わらずに追い求めてきたものを感じとって頂ければ幸いです。

〔図版(上)=『幻の城』 植村美子代 銅版画〕

坂田季代子作品

 一方、坂田季代子先生は、銅版画の中でも特に書票や絵本の制作に力を注いでいる作家です。詩情豊かで物語性を前面に押し出した作風は、大胆な構図と相まって、鑑賞者をいともたやすく絵画空間の中へと誘い込むようです。

 坂田季代子先生はまた、イタリアのボローニャ市で毎年開催され、新人絵本作家への登竜門とも言われている世界最大規模の絵本原画コンクール「ボローニャ国際絵本原画展」において、2004年以降4度の入選を果たした稀有な作家です。その創造性と仕事ぶりは世界に認められ、作品は多くの人々の心をとらえる所となり、2007年には絵本「La bambina di neve. Miracolo infantile.」〔著:ナサニエル・ホーソーン、絵:坂田季代子、出版:Topipittori(イタリア)〕を出版するまでに至りました。

〔図版(下)=『そこに在る風景』 坂田季代子 銅版画〕

 本展におきまして、それぞれの女性作家が描く、心に染み入るような銅版画世界の物語の魅力に迫ることができれば幸いです。是非ご高覧ください。


植村美子代・坂田季代子展-開催概要

展覧会名
植村美子代・坂田季代子展-「銅版画による物語の世界」
Mineyo Uemura + Kiyoko Sakata Exhibition 2008
展覧会会期
2008年1月26日(土)〜2月3日(日)
休廊日
水曜日
開廊時間
午前11時〜午後6時
入場観覧料
無料
出品作家
植村美子代(うえむらみねよ)/坂田季代子(さかたきよこ)
作家来廊日
植村美子代:26日(土)・27日(日)・28日(月)・31日(木)
坂田季代子:26日(土)
展示内容
銅版画/絵本『La bambina di neve. Miracolo infantile.』〔著:ナサニエル・ホーソーン/絵:坂田季代子/出版:Topipittori(イタリア)〕

絵本『La bambina di neve. Miracolo infantile.』を会場内で販売します!

絵本『La bambina di neve. Miracolo infantile.』

絵本『La bambina di neve. Miracolo infantile.』

著:Nathaniel Hawthorne (ナサニエル・ホーソーン)

絵:Kiyoko Sakata (坂田季代子)

出版社:Topipittori (イタリアの出版社)

出版年月日:2007年10月20日

サイズ:縦26.5cm×横20cm

ページ:カラー40ページ

対象年齢:8-12歳

ISBN:978-88-89210-22-2

販売価格:お問い合わせください。

※ご参考:ナサニエル・ホーソーン(Nathaniel Hawthorne, 1804-1864)-アメリカの小説家。本書の内容につきましては、Topipittori社のウェブサイトをご参考ください。(イタリア語)⇒http://www.topipittori.com/i_libri_la_bambina_di_neve.html

植村美子代+坂田季代子銅版画展が紹介されました

植村美子代・坂田季代子銅版画展

植村美子代・坂田季代子展

 2月3日(日)までの午前11時〜午後6時、名古屋市中区錦3丁目のギャラリータマミジアム(栄駅、電話052・957・3603)。

 銅版画家2人による「物語の世界」をテーマにした作品を紹介する。

 幻想的な作品を制作する植村さんは、少女をモチーフにした物語性のある作品が中心=写真は「幻の城」。

 坂田さんは、詩情豊かな作風で絵本の世界を描く。

 それぞれ20点前後を展示。30日休み。

〔朝日新聞2008年1月30日(水)夕刊「展覧会」より〕

植村美子代・坂田季代子銅版画展

植村美子代・坂田季代子展

 2月3日まで、中区錦3のギャラリータマミジアム(052・957・3603)。

 心象風景や少女を繊細なタッチで表現した銅版画約50点。

〔朝日新聞2008年1月29日(火)朝刊「ギャラリー散歩」より〕

ボローニャ絵本展出品作家の坂田季代子先生が朝日新聞に紹介されました

ボローニャ絵本展の入選作を展示 - 日本人20人が入選

「2008イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」における坂田季代子先生の新聞記事

 世界最大規模の絵本原画コンクール「ボローニャ国際絵本原画展」に入選した23カ国99人の作品が、東京の板橋区立美術館で展示されている。入選をきっかけに絵本が外国で出版されるなど、若手作家にとっての登竜門ともなっている。今回は、入選者のうち20人を日本人が占めた。

 イタリアのボローニャで開催されている同展は、今回で42回目。子どもの本のために制作された原画5枚1組で、だれでも応募できる。日本からの応募も増えている。東京の坂田季代子さん(33)が初入選したのは4年前。入選をきっかけにイタリアの出版社から声をかけられ、昨年、イタリアで絵本を出版。その原画が今年の入選作「雪の子 こどもじみた奇跡」だ。

 大学で立体デザインを学び、卒業後に絵本作家を志すようになったという坂田さんは「私のまわりでも絵本作家になりたがる人は増えています。ボローニャは、審査員が毎年かわるし、国籍を超えて作品を公平に見てくれる間口の広さが魅力」と話している。17日まで、月曜休み。電話03・3977・1000 (秋山亮太)

〔図版=朝日新聞2008年8月6日(水)夕刊より〕


ご参考

 「2008イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」は、四日市市立博物館にも巡回致します。

 〔期間:平成20年10月4日(土)〜11月3日(月・祝)〕

植村美子代・坂田季代子|略歴

植村美子代 (うえむら みねよ)

植村美子代作品

略歴:1965年愛知県生まれ/1989年多摩美術大学卒業

個展:1998年「銅版画展」(Face pop art gallery/愛知)/2001年「銅版画展・Japan 2001 in U.K.」 (The Ancient House Gallery/イギリス)/2002年「銅版画展」(巷房/東京)/「銅版画展」(画廊編/大阪)/2003年「銅版画展」(SPACE レスピラール/東京)/「銅版画展」(ギャラリーニケ/東京)/2004年「新作展」(巷房/東京)/「銅版画展」(画廊編/大阪)/2005年「天使のバラッド」(画廊編/大阪)/2006年「風の行方」(巷房/東京)/「月苺」(ギャラリーART G/群馬県高崎市)/2007年「inner cosmos」(画廊編/大阪)

グループ展:1995年「ほのぼの展」(葉山シーサイド/神奈川)/1996年「CWAJ現代版画展」(東京アメリカンセンター)/1997年「四角い空展」(目黒区美術館市民ギャラリー/東京)/「版画展」(町田市立国際版画美術館市民ギャラリー)/「四角い空展」(青木画廊/東京/1999・2000年)/1998年「コモディティアート展」(銀座洋協ホール/東京)/「銅夢版画展」(以後出品を重ねる)/2000年「それぞれの記憶展」(ギャラリーGK/東京)/2006年「選抜・銅夢版画工房展」(ギャラリータマミジアム)/「銅版画の魅力展2」(ギャラリータマミジアム)/2007年「現代版画100選展」(ギャラリータマミジアム)/2008年植村美子代・坂田季代子展-「銅版画による物語の世界」(ギャラリータマミジアム)

〔図版=『風花』 植村美子代 銅版画〕


坂田季代子 (さかた きよこ)

坂田季代子作品

略歴:1974年広島県生まれ/1998年多摩美術大学卒業/日本書票協会会員

展覧会:1999年以降「銅夢版画展」に毎年出品/2000年第20回カダケス・ミニアチュール国際版画展(スペイン)/個展(すどう美術館/東京)/2003年第1回アンカラ国際蔵書票コンペティション(入選)(トルコ)/2004年台湾・日本蔵書票交流文化展(特選賞)(台湾)/ボローニャ国際絵本原画展(フィクション部門入選)(イタリア)/銅版画展(ラ・カパンナ/東京)/現代蔵書票秀作展(養清堂画廊/東京)/2005年ボローニャ国際絵本原画展(アンデルセン部門入選)(イタリア)/世界の書票展(ワイアートギャラリー/大阪)/COMING ART展(すどう美術館/東京)/第11回BERNI SHOW 国際コンペティション(1st Prize受賞)(イタリア)/Illustrate a poster drawn from H.C. Andersen tales 国際コンペティション (3rd Prize受賞)(イタリア)/第1回国際小版画&EXLIBRIS ビエンナーレ Gniezo "EUROPE IN SIGNS" (入選) (ポーランド)/2006年選抜・銅夢版画工房展(ギャラリータマミジアム)/ボローニャ国際絵本原画展(入選)(イタリア)/銅版画の魅力展2(ギャラリータマミジアム)/2007年現代版画100選展U(ギャラリータマミジアム)/絵本『La bambina di neve. Miracolo infantile.』出版〔著:ナサニエル・ホーソーン、絵:坂田季代子、出版:Topipittori(イタリア)〕/2008年ボローニャ国際絵本原画展〔フィクション部門入選〕(イタリア)/植村美子代・坂田季代子展「銅版画による物語の世界」(ギャラリータマミジアム)

〔図版=『Gerda.』(H.C.Andersen「The Snow Queen」より) 坂田季代子 銅版画〕

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.