小玉裕子銅版画展-『fall』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

小玉裕子銅版画展-fall|2007年11月8日(木)〜11月17日(土)〔※水曜日休廊〕|午前11時〜午後6時

日本版画協会準会員で銅夢版画工房講師を務める銅版画家、小玉裕子先生による銅版画の展覧会「小玉裕子銅版画展」をご紹介。

小玉裕子銅版画展-展覧会のご案内

本当の自分さがしの旅へ…。

小玉裕子作品

 このたびギャラリータマミジアムでは、東京にある銅夢版画工房で講師を務める名古屋市出身の銅版画家、小玉裕子先生による銅版画展を開催致します。


 「一点の曇りもない心、言葉、顔…はないと思います。それらを銅版に刻み込む日々です。」と作家自身が言葉で述べていますように、その作風は深く心の内側へと向かうものになっています。


 あらゆる事物の価値観が混沌としている現代、自分自身が立脚すべきポジションをどこに置くべきか…。そんなことをあらためて考えさせてくれる小玉裕子先生の作品は、時代に翻弄されながら現代を彷徨い続けている自分自身の姿を再認識させてくれるようです。


 本当の自分さがしの旅へ…。何卒是非、ご高覧ください。

〔図版=『fall』 小玉裕子 銅版画 865×600mm〕


小玉裕子展-開催概要

展覧会名
小玉裕子展-fall-Yuko Kodama Exhibition 2007
展覧会会期
2007年11月8日(木)〜11月17日(土)
休廊日
水曜日休廊
開廊時間
午前11時〜午後6時
入場観覧料
無料
出品作家
小玉裕子 (こだま ゆうこ)
作家来廊日
11月8日(木)・9日(金)・10日(土)・11日(日)・17日(土)
展示内容
銅版画

小玉裕子展が紹介されました

展覧会 ◆小玉裕子銅版画展

小玉裕子展新聞記事

 8日(木)〜17日(土)、午前11時〜午後6時、名古屋市中区錦3丁目のギャラリータマミジアム(栄駅、電話052・957・3603)。


 エッチングとアクアチントの技法を使ったモノクロ作品を手がける。


 植物を連想させるモチーフと人体を組み合わせ、心の奥深くにひそむ言葉にならない感情や感覚など、人間の内面世界の表現を追及する。


 過去5年間の作品から24点を紹介=写真。


 見る人が特定のイメージに縛られないよう、あえて体の一部分しか画面に描いていないという。14日休み。

〔朝日新聞2007年11月7日(水)夕刊「展覧会」より〕


小玉裕子|略歴

小玉裕子 (こだま ゆうこ)

1972年名古屋市生まれ/1991年愛知県立旭丘高等学校美術科卒業/1997年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業/東京藝術大学卒業制作展デザイン賞受賞/東京藝術大学大学院修士課程美術研究科修了/日本版画協会準会員・銅夢版画工房講師を務める/2012年3月19日永眠

【展覧会】

1999年銅夢版画展出品(※以降毎年出品)/2003年日本版画協会展出品(※以降毎年出品)/2004年国際小品版画トリエンナーレ(フィンランド)/銅版画展(ラ・カパンナ/東京)/個展(ガレリア・グラフィカbis/銀座)/2005年迷宮展(ぎゃらりーパステル/さいたま)/SEVEN STORIES(月光荘画室5/東京)/2006年選抜・銅夢版画工房展/個展(ガレリア・グラフィカbis/東京)/第32回東京展(優秀賞)/2007年日本版画協会準会員となる/国際小品版画トリエンナーレ展(フィンランド)/小玉裕子個展「fall」/2009年銅版画の魅力展W「シックス・ファンタジーズ」/2010年銅夢版画工房蔵書票展「蔵書票にみる銅版画の小宇宙」/2011年銅夢版画工房小作品展/2011年小玉裕子展(ガレリア・グラフィカbis/銀座)/2012年銅夢版画工房小作品展(ギャラリータマミジアム)

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.