猪飼正銅版画展-『魅惑のメゾチント』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

猪飼正銅版画展-魅惑のメゾチント|2007年1月20日(土)〜1月28(日)〔※24日(水)休み〕|午前11時〜午後6時

銅版画家の猪飼正先生によるカラーメゾチント技法を駆使した銅版画作品の展覧会「猪飼正銅版画展」をご紹介。

猪飼正銅版画展-展覧会のご案内

猪飼正作品

展覧会のご案内

 本展では、猪飼正先生が1970年に銅版画を独学で始めた頃の作品から、これまでに未発表とされてきた貴重な作品、そして最新作までを含めた約50点の作品を一堂に展示し、メゾチント作家として猪飼正先生がこれまでに辿ってこられた画業の軌跡と業績を顧みます。

 およそ37年もの間、猪飼正先生を虜にしてきたメゾチント版画の魅力が、その造形思考の変遷から自ずと明らかになることでしょう。是非、ご高覧ください。

メゾチントとは

 メゾチントとは銅版画技法の一種で、17世紀中頃にドイツで発明されました。ロッカーと呼ばれる、先端に無数の刃がついた道具を左右にゆらして銅板に「まくれ」をほどこし、これをスクレイパーやバニッシャーと呼ばれる道具で削ったり磨いたりしながら、様々な階調の調子をつくり図像を描いていく技法です。特に黒色インクで刷り上げた作品には、ビロードのような質感の深い味わいがあります。

〔図版=『宴』 猪飼正 銅版画 カラーメゾチント技法〕


猪飼正銅版画展-開催概要

展覧会名
猪飼正銅版画展-魅惑のメゾチント-Tadashi Ikai Exhibition 2007
展覧会会期
2007年1月20日(土)〜1月28(日)
休廊日
24日(水)
開廊時間
午前11時〜午後6時
入場観覧料
無料
出品作家
猪飼 正 (いかい ただし)
作家来廊日
全日
展示内容
銅版画(メゾチント・カラーメゾチント)

銅版画メゾチント技法製版実演会開催のお知らせ

猪飼正先生による銅版画メゾチント技法の製版実演会を開催

猪飼正先生銅版画メゾチント技法製版実演会 猪飼正銅版画展-魅惑のメゾチント-の会期中、展覧会会場におきまして、猪飼正先生によるメゾチント技法の実演講座が随時開催されました。

 猪飼正先生は、「メゾチント技法は銅版画の中でも独特の版画技法で、その味わいも深く、とても魅力的な表現が可能です。制作には多少根気が要るので、この頃の人にはなかなかこの技法を伝えることができません。本展を通して、少しでも多くの方にこのメゾチント版画に興味を持って頂き、また、できれば後世にこの技法を伝えて頂けるような人材に出会うことができれば幸いです。」と述べられ、約40年にわたって猪飼正先生を魅了してきたメゾチント版画に対するあつい思いを語られました。

〔写真はメゾチント技法の製版実演会の様子(右:猪飼正先生)〕

猪飼正|略歴

猪飼 正 (いかい ただし)

1935年名古屋市に生まれる/1970年銅版画を独学で始める/1984年第15回日動版画グランプリ展/1985年セントラル美術館版画大賞展/「期待の新人作家」版画大賞展(買上賞)/1986年第31回CWAJ現代版画展(アメリカンクラブ/東京)〔以後、CWAJ現代版画展に出品を重ねる。〕/1987年猪飼正個展(伊勢丹百貨店/新宿)〔以後、名鉄(名古屋)、名鉄丸越(金沢)、伊勢丹(新宿・浦和・松戸)、大丸(東京)、まるひろ(埼玉)、西武(富山・錦糸町)、松菱(津)の各百貨店で個展の開催を重ねる。〕/1988年版画-期待の新人作家展-歴代受賞者展(伊勢丹百貨店/新宿)/1991年猪飼正個展(山画廊/四日市)〔以後、山画廊での個展開催を重ねる。〕/第5回中華民国国際版画ビエンナーレ(台湾)/1992年ミヤコ版画賞展(受賞)(都画廊/大阪)/2003年銅版画の魅力展(ギャラリータマミジアム)/2005年日本の現代版画展(ギャラリータマミジアム)/2006年 「メゾチントの美学」展-猪飼正・清水敦・藤江彰の銅版画世界/銅版画の魅力展2(ギャラリータマミジアム)/2007年猪飼正個展-魅惑のメゾチント-(ギャラリータマミジアム)/2007年1月現在:無所属

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.