小林光男鍛金展-『ROCKING』|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

小林光男鍛金展-ROCKING|2001年9月13日(木)〜9月25日(火)〔※水曜日休廊〕|午前11時〜午後6時

鍛金作家の小林光男先生によるROCKINGをテーマとした金属工芸作品の展覧会「小林光男鍛金展」をご紹介。

小林光男鍛金展-展覧会のご案内

展覧会のご案内

 鍛冶屋のような職人さんや、鍛金作品を制作することを仕事とする作家は、近頃めっきり減ったということを耳にしました。しかしながら、鉄・真鍮・銅・銀などの金属をたたいて制作された作品には、不思議と温かさのようなものを感じます。この温もりめいたものは、一体どこから生まれて来るのでしょうか。その答えが、小林光男先生の作品の中にあるように思われます。

 また、会場には鍛金作品を制作する工程で実際に使用される道具類も併せて展示致します。鍛冶場のような雰囲気をお感じ頂ければ幸いです。是非ご高覧ください。

〔図版=『ROCKING』 小林光男 金属工芸(鍛金)〕


小林光男鍛金展-開催概要

展覧会名
小林光男鍛金展-ROCKING-Mitsuo Kobayashi Exhibition 2001
展覧会会期
2001年9月13日(木)〜9月25日(火)
休廊日
水曜日
開廊時間
午前11時〜午後6時
入場観覧料
無料
出品作家
小林 光男 (こばやし みつお)
作家来廊日
13日(木)/25日(火)
展示内容
金属工芸(鍛金)作品

小林光男鍛金展が紹介されました

小林光男鍛金展

 小林光男は、作品制作の基本姿勢を次のように述べている。

「日常生活の中で、ふと気づいた事や感動した事を作品のテーマへの足がかりとし、これを展開して試行錯誤しながら作品を創り上げていくこと。そして、作品のテーマである初期のイメージを大切にしながら、素直に表現していくこと。」

 小林光男が掲げるこれら二つの基本姿勢は、作家の持つ現代的な感性と鍛金の高い技術力、そして丁寧な仕事と相まって、あたたかみのあるドラマチックな作品を生み出している。

 本展では、鉄や銅などによる花器やペーパーウェイト、靴べらなどの実用的な作品から、飾り椅子などのオブジェ作品を含む新作約20点を展示する。

 作品は、動植物からヒントを得たと思われる有機的な形態と、人工的で無機的な形態の要素で構成されており、これら二つの絶妙な対比バランスの上に成立しているといっても過言ではない。その洗練されたフォルムは小林光男独特の存在感を醸し出しており、なかでも「ROCKING」という作品には動と静のイメージがオブジェならではの面白さの中に凝縮されている。またこの作品には天然の石が組み込まれており、「自然との共生」を試みているかのような小林光男の、制作に対する思想を垣間見ることができるだろう。

 小林光男は1956年東京都生まれ。1983年から1994年まで、日本現代工芸展に出品。1998年以降は朝日現代クラフト展に出品。1999年、朝日現代クラフト展奨励賞を受賞。池袋西部などを拠点に個展活動を展開。

〔『アートタウン』2001年9月号〕

小林光男|略歴

小林光男 (こばやし みつお)

1956年東京都生まれ/1984年多摩美術大学大学院美術研究科修了/1984年同大学立体デザイン科副手勤務(〜1988)/1988年同大学立体デザイン科非常勤講師(〜1990)/1989年東京純心女子短期大学非常勤講師(〜1997)/1990年株式会社孝和・クラフト事業部にて鍛造技術指導

個展

1988年小林光男個展(池袋西武アートサロン)/1990年小林光男個展(池袋西武工芸画廊)/1991年小林光男個展(ギャラリー志村/八王子)/1992年小林光男個展(ギャラリーてん/大丸東京店)/1996年小林光男個展(ギャラリーレプッペ/町田)/1998年小林光男個展(ギャラリーOHMI/銀座)/2001年小林光男鍛金展(ギャラリータマミジアム/名古屋)

公募展

1983年第22回日本現代工芸展入選(以後、'86・'88・'89・'92・'94年出品)/1988年朝日現代クラフト展入選(大阪うめだ阪急百貨店)/1988年日本クラフト展入選(銀座松屋)/1999年朝日現代クラフト展奨励賞受賞(大阪うめだ阪急百貨店)

グループ展

1989年鍛金・型絵染2人展(銀座松屋)/2001年鍛金5人のしごと展(八ヶ岳倶楽部/山梨)[以後毎年参加]

設置作品

依頼制作 1989年ヨーロッパハウスビル鍛鉄手すり(港区)/1990年株式会社孝和ショールーム壁面装飾(杉並)/1991年パペルブルクポプラ館内外装鍛鉄装飾(八王子)/1994年浄風会館エントランスホール鍛鉄スクリーン(文京区)/1995年銅打ち出し照明オブジェ(那須高原O邸)/1998年鍛鉄室内階段、玄関屋根(世田谷区H邸)/2001年鍛鉄フェンス、窓格子(八王子M邸)/他

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.