画廊事始め|名古屋の画廊ギャラリータマミジアム

下山直子の画廊事始め〔『中日新聞』2000年10月3日(火)掲載記事より〕/下山貴弘〔『中部経済新聞』2008年10月15日(水)より〕

貸し画廊と貸しギャラリーは愛知県名古屋市中区にある画廊ギャラリータマミジアム。企画画廊として企画展も開催しております。

感性信じて作品選ぶ―『中日新聞』2000年10月3日(火)掲載記事より

感性信じて作品選ぶ 〔画廊オーナー下山直子さん〕

下山直子の中日新聞記事

芸術家と客の懸け橋に

 今年で創業250年という名古屋・栄にあるしにせの眼鏡店に生まれた下山直子さん(31)。多摩美術大学絵画科で学んだ彼女だが、身内に画家がいたわけでも、絵が得意だったわけでもない。美術との接点はなく、中学時代までは美術には関心を持っていなかった。

 高校に入った下山さんは、何となく美術室を訪れたのがきっかけで美術に目覚める。以来、学校帰りに美術館やギャラリーに足を運んだり、画集や美術雑誌を買い求めたり。その魅力にどんどん引き込まれていく。「音楽だと幼いうちからレッスンを積む必要があるそうですね。その点、美術系は高校から進学準備を始めても間に合いました」

 学生時代は油絵に限らず水彩、写真などさまざまなジャンルを幅広く学んだ。美術館の展覧会、工芸展、ギャラリーも可能な限り見て回る生活。大学院に進学してデザインを専攻し、修了後は母校のデザイン研究室に助手として勤務していた。

美術離れ眼鏡店修行も

 「父は強いて何も言いませんでしたが、やはり、店を継いでほしいという気持ちはあったと思います」

 先輩に当たり、同じ大学の図書館に勤める彼との結婚が決まった下山さん。これを機に、名古屋に戻って夫とともに父の元で眼鏡店経営を学ぶことになった。

 「経営学や眼鏡に関する知識から接客まで、勉強に必至。 2年ほど美術から離れた生活が続きました。そんな中で『美術に触れていたい!』という思いが少しずつ募っていたんですね」 昨年、250周年を前に店舗ビルを改修し、2階以上をテナントとして貸すことになった。 「この立地の良さを生かして、2階に画廊を!」と考えついた下山さんは、まず夫に相談。彼女の気持ちを理解する彼は賛成してくれた。

 ビルのオーナーである父は当初、渋っていた。しかし、他のテナントと同様にキチンと賃貸料を支払うという条件で合意。夫のサポートを受け、画廊のオープンとなった。

地域文化に貢献したい

 「画廊主としては素人同然で始めました。でもそれが幸いし、写真、油彩、版画・・・と自由に展覧会の企画が立てられたんです」と言う下山さん。自分の目で見て「いいな」と思う現代作家の作品を集めている。

 下山さんが意外に思ったのは「みなさん美術をむずかしく考えていらっしゃる」ということ。「頭で考えず、感覚的に見れば楽しめるのでは」とアドバイスする。 彼女自身は作家と客との懸け橋となるべく、技法、作家の来歴、作品の背景などの勉強を欠かさない。作品を引き立てるよう、展示にも心を砕く。

 「ギャラリーは入場無料です。ショッピングやカルチャーセンター教室のついでに立ち寄る主婦、昼休みのサラリーマン、かつて私のように美大を目指す高校生・・・いろいろな人に来ていただきたい」 「美術市場は冷え切っていて経営的には厳しいですが、地域文化に多少でも貢献できるという思いが励み。この仕事に運命のようなものを感じています」。美術を心から愛する気持ちがひしひしと伝わってきた。

(ライター・伊藤実和)

〔『中日新聞』2000年(平成12年)10月3日(火曜日)掲載記事より〕

『玉水屋』美術部の再現―『月刊なごや』2010年2月号掲載記事より

アーティストと美術ファンの 幸せな出会いの場に育てたい

『月刊なごや』ギャラリータマミジアム紹介記事

 ビジネスやショッピングの中心地、名古屋・栄。その中心、錦3丁目の玉水ビル2階にあるギャラリー『タマミジアム』は、今年、開業11年目を迎えた。


 ライトグレーと白を基調にした展示スペースには作品が整然と並び、クラシック音楽が流れる。ここが名古屋一の繁華街であることを忘れてしまいそうな静かな空間。


 オーナーは、このビル1階で創業260年の老舗眼鏡店『玉水屋』を営む津田節哉さんの次女、下山直子さん。展示会の企画・運営、貸し画廊としての運営などを手がけている。


 「版画、油絵、水彩、写真…など、ジャンルにとらわれずに、自分の目で見て『いいな』と思う作家の作品を集めています。才能のある作家を世間に紹介し、育てていくことも大切なことだと考えています」


いつも美術にふれていたい

図版=1階は宝暦元年(1751)創業の眼鏡店『玉水屋』。2階がギャラリー『タマミジアム』 下山さんとアートとの出会いは高校時代。たまたま入った美術室で目にした作品が、美術にめざめたきっかけだった。

 「誰の作品だったのか覚えていませんが、一枚の絵画でメッセージを伝えることができる力強さに惹かれました」


 それ以来、学校帰りに美術館やギャラリーに足を運んだり、画集をながめたりと、その魅力にどんどん引き込まれていき、東京の多摩美術大学絵画科に進学。油絵だけでなく、水彩、版画など幅広く学んだ。大学院ではデザインを専攻、修了後は母校のデザイン研究室に助手として3年間勤務した。


 この時期、大学の先輩であり、母校の図書館に勤務していた下山貴弘(よしひろ)さん(現・玉水屋専務取締役)と知り合う。平成9年の結婚を機に、後継者として二人で『玉水屋』へ。

 「二人で眼鏡のことを必死に勉強しました。そんな中でも『美術にふれたい』という思いだけは持ち続けていました」

図版=左から『玉水屋』社長・津田節哉さん、次女でギャラリーオーナーの下山直子さん、娘婿の下山貴弘さん

〔図版(上)=1階は宝暦元年(1751)創業の眼鏡店『玉水屋』。2階がギャラリー『タマミジアム』〕


〔図版(左)=左から『玉水屋』社長・津田節哉さん、次女でギャラリーオーナーの下山直子さん、娘婿の下山貴弘さん〕


 『玉水屋』美術部の再現

 「多くの人が行き交うこの場所に、アートにふれられるスペースを作れたら」と父に提案。

 「最初は『片手間ではできないぞ』と反対されましたが、父も美術に理解があったので、『ビジネスとして確立させるなら』という条件で納得してくれました」


 じつは、長い歴史を持つ眼鏡店『玉水屋』には、明治から昭和にかけて工芸品や陶芸品などを扱う美術部門があった。

 「平成の時代になって、画廊を開いたのも、何かの縁のような気がします」(社長の津田節哉さん)

 都心の真ん中のアート空間には、毎日、さまざまな人が訪れる。

 「画廊というと難しいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、お子さんとご一緒にご覧になるのも楽しいですよ。ショッピングやお仕事の合間に気軽にお立ち寄りいただきたいですね」

(ライター:杉山美木)

図版=作家を迎えての催し「ギャラリートーク」には毎回、多くの美術ファンが集う。写真は西尾市出身の画家・斎藤吾朗氏。

〔図版=作家を迎えての催し「ギャラリートーク」には毎回、多くの美術ファンが集う。写真は西尾市出身の画家・斎藤吾朗氏。〕


〔『月刊なごや』2010年2月号通巻第329号「百選会訪問記」(北白川書房)より〕

跡継ぎ 天職として―『中部経済新聞』2008年10月15日(水)掲載記事より

 株式会社玉水屋9代目・専務 ギャラリータマミジアム代表 下山貴弘氏

中部経済新聞に掲載された下山貴弘

玉磨かざれば光なし―継承

 下山貴弘(しもやま・よしひろ)さん。めがねの『株式会社 玉水屋』(本社名古屋市中区錦三ノ二四ノ一二)専務。創業宝暦元年(一七五一年)というから、ゆうに二百五十年を超す老舗の若き九代目。社史「“ザビエルの贈り物”―玉水屋とその240年」。美術に憧れ、めがね屋にも名古屋にも、まったく縁も由縁もなかった下山さんが、今、創業者津田家の第八代津田節哉の下で、精進の日々。座右に「玉磨かざれば光なし」。(以下、略)

(論説委員 加藤忠範)

〔図版=中部経済新聞2008年10月15日(水)第20897号(中部経済新聞社)より〕

著作権に関するご注意

こんにちは。たまたまです。よろしくね! このウェブサイトに使用されている作品画像の著作権は、その制作者である作家もしくはその著作権を譲り受けた著作権者に帰属します。無断複製・無断転載を禁じます。

サイトメニュー

オンラインWEBショップ

貸し画廊のご利用案内

展覧会のご案内

ギャラリータマミジアム概要

絵画・版画教室のご紹介

ウェブサイトツール

リンク

愛知県公安委員会許可美術品商第541160002600号

ギャラリータマミジアム・モバイルサイト・マルチ対応QRコード

ギャラリータマミジアム

〒460-0003 名古屋市中区錦3-24-12 玉水ビル2階 電話052-957-3603

Copyright (C) Gallery Tamamiseum. All rights reserved.