ごあいさつ

 ギャラリータマミジアムは名古屋市中心部の栄にある小さな画廊です。貸し画廊、展覧会の企画と運営、現代アート、銅版画、木版画作品の販売、美術講座の開催等を行っています。お近くにお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます。

展覧会のご案内【銅夢版画工房小品展】4月15日(土)~

銅夢版画工房のテーマは、「無限の可能性を求めて…。」

佐竹広弥作品『ドリームキャッチャー』

 銅夢版画工房は、銅版画家の蒲地清爾氏によって1997年に新宿・曙橋に設立されました。工房では年齢や職業を問わず、初心者からプロの作家まで、約60名の会員が日々銅版画の制作と研究に取り組んでいます。

 特筆すべきは、日本国内のみならず、海外で開催されている蔵書票の著名な国際コンペティションにおいて、銅夢版画工房の会員が毎年入選や入賞を果たしていることです。

 いったいなぜ、このように銅夢版画工房の作家たちが内外で高い評価を得ているのでしょうか?

 本展では、そんな銅夢版画工房の中から銅版画小作品を制作する精鋭作家21名の作品約50点を一堂に展示し、銅夢版画工房の謎とその魅力に迫ります。何卒是非、ご高覧ください。

〔図版=『ドリームキャッチャー』 佐竹広弥 銅版画メゾチント技法(13×16cm)〕

⇒詳細を見る。

お知らせ

たまたまウェブサイト・リニューアル中のため、しばらくご迷惑をお掛け致します。何卒ご容赦ください。


2017.03.09
銅夢版画工房小品展のページをアップ。作品を通じて、銅版画界の奇才である蒲池清二氏が主宰する銅夢版画工房の魅力を余すところなくご紹介いたします。是非!
2017.02.07
小さな小さな木版画展~木版画家八人の小宇宙が本日の朝日新聞夕刊で紹介されました。
2017.01.27
アニマル・アート展のページをアップ。凛々しくも可愛くて愉快、そしてちょっぴり「ほのぼの」とさせてくれるアニマル・アートの世界を、是非!
2017.01.27
庄漫 銅版画とクレパス画展が朝日新聞の朝刊で紹介されました。展覧会は29日(日)まで。是非!
2017.01.04
第15回 栴檀会展~独立美術協会ゆかりの作家たちが、5日午後4時からのスターキャット・テレビさんの番組「キャットステーション」で紹介されます。是非!

今後の展覧会

銅夢版画工房小品展~無限の可能性を求めて…

佐竹広弥作品『ドリームキャッチャー』

4月15日(土)~4月23日(日)※19日(水)休み

…詳細

2017年の展覧会一覧

たまたま今後の予定や開催済みの展覧会をご紹介します。

…詳細

選ばれる理由

ご来場者に喜ばれる ご来場者に喜ばれる
地下鉄「栄」駅から徒歩1分の便利さ。駅の出口に隣接していますので迷いません。
作家様に嬉しい 作家様に嬉しい
搬入・搬出・展示・そして作家様ご不在時の受付などは、スタッフが可能限りお手伝い。初めての方や体力に自信のない方にも安心です。
広範な情報発信力 広範な情報発信力
ナゴヤ・アート・ニュース誌をはじめ、インターネットでも広範に情報を発信します。
らくらく案内状はがき らくらく案内状はがき
面倒な案内状ハガキの作成も、デザインから印刷まで承ります。料金は800枚で26,250円から。(任意)
残せるアーカイヴ 残せるアーカイヴ
展覧会紹介ページは会期終了後も記録資料として保存され、サイト訪問者にも好評です。
なにしろ融通が利く なにしろ融通が利く
公募展と開催時期を合わせたい、搬入を前日に行いたいなど、お気軽にご相談を!できる限りご要望にお応えします。
料金は6日間で175,000円 料金は6日間で175,000円
こだわれば信頼と実績のギャラリータマミジアム。